フランス「スイーツ」の名前リスト

フランスの【スイーツ】の名前

みなさん、こんにちは。

今日は【フランスのスイーツの名前】です。

 

フランスのケーキ屋や、レストランのデザートとして出会うことのある名前を、ピックアップしました。

食のレシピは伝統的スタイルが好きな彼らなので、これからも半永久的にフランスに存在し続けるだろうケーキ・デザートたちの名前です。

それではどうぞ、ごらんください♪

スポンサーリンク

フランスのお菓子の名前

♂男性名詞♀女性名詞。
ABC順に並んでいます。

boulangerie

♀ブロンジュリ

パン全般

viennoiserie*

♀ヴィエノワズリ

甘系パン

pâtisserie

♀パティスリ

ケーキ全般

confiserie

♀コンフィズリ

砂糖菓子

ヴィエノワズリ = クロワッサン、ブリオッシュなど甘系パン。菓子パンは日本ほど種類はなく、調理パンに至ってはサンドイッチ系以外まず無い。その代わり、近年のビオや菜食主義などの流れに乗って、穀物系パンの種類は驚くほど豊富。

ヴィエノワズリ 

Beignet

♂ベニエ

揚げパン

Brioche

♀ブリオッシュ

濃厚バターパン

Chausson aux pommes

♂ショソンオポム

リンゴパイ

Croissant

♂クロワソン

クロワッサン

Pain au chocolat

♂パンオショコラ

チョコクロ

Pain aux raisins

♂パンオレザン

レーズンデニッシュ

Pain perdu*

♂パンペルデュ

フレンチトースト

パンペルデュ = 「ダメになったパン」の意。家庭クラシックレシピの王道。さすがに店では見かけないか…

スポンサーリンク

パティスリ・デザート

Baba au rhum*

♂ババオロム

ババオラム

Bavarois

♂バヴァロワ

ババロア

Biscuit

♂ビスキュイ

ビスケット

Blanc-manger

♂ブロン モンジェ

仏流パンナコッタ

Bûche

♀ビュッシュ

丸太ケーキ

ババオロム = キノコ型のブリオッシュをラム酒に漬けたもの。ドーナツ型のレーズン無しで作ったのがサバラン。

Cannelé

♂カヌレ

Café gourmand*

♂キャフェ グルモン

Chou à la crème

♀シュー アラクレーム

シュークリーム

Chouquette

♀シューケット

糖衣プチシュー

Cigarettes russes

♀シガレット リュス

シガール

Clafoutis*

♂クラフティ

Colonel*

♂コロネル

Coulant au chocolat

♂クロン オショコラ

溶岩チョコケーキ

Crème brûlée

♀クレーム ブリュレ

焦がしクリーム

Crème caramel

♀クレーム キャラメル

プリン

カフェグルマン= エスプレッソと一口大ケーキ数種の盛り合わせデザート。

クラフティ= カスタード生地に果物を入れて焼く家庭のお菓子。

コロネル= 「大佐」の意。グラスに入れたレモンソルベにウオッカを注いだデザート。

フランスのデザート「クレームキャラメル」

Dacquoise*

♀ダクワズ

ダクワーズ

Eclair

♂エクレー

エクレア

ダクワーズ= メレンゲを入れて焼いたアーモンド味のスポンジ風ビスキュイ。

Far Breton*

♂ファー ブルトン

Financier

♂フィノンシエ

フィナンシェ

Flan pâtissier

♂フロン パティシエ

カスタードタルト

Florentins

♂フロロンタン

フロランタン

Fondant au chocolat*

♂フォンドン オショコラ

Fraisier

♂フレジエ

仏風いちごショートケーキ

ファーブルトン= ブルターニュの郷土菓子、プルーン入りカスタードタルト。プルーンの入っていないフロンは、多くのパン屋の定番アイテム。

フォンドンオショコラ= 中心がしっとり湿った濃厚チョコ焼き菓子。

Gâteau Basque*

♂ガトー バスク

Île flottante*

♀イル フロットントゥ

ガトーバスク= 南仏バスク地方の郷土菓子。ダークチェリー入りカスタードが、クッキー生地のタルトで覆われている焼き菓子。

イルフロットントゥ= 「浮き島」の意。カスタードソースの海にメレンゲの島を浮かべたデザート。Œufs à la neige「ズアラネージュ」ともよばれる。

Kouglof*

♂クグロフ

Kouign amann*

♂クイニ アマン

クイニーアマン

Langues de chat

♀ロング ドシャ

ラングドシャ

クグロフ= キルシュ漬けの干し葡萄などを練り込んで焼いた、王冠型のブリオッシュ風パン。

クイニアマン= ブルターニュ地方の菓子パン。塩バターキャラメルにねっとり覆われた、悪魔的デニッシュ。

Macaron

♂マカロン

Madeleine

♀マドレーヌ

Merveilleux*

♂メルヴェイユ

Mi-cuit au chocolat

♂ミキュイ オショコラ

溶岩チョコケーキ

Mille-feuille

♂ミル フイユ

ミルフィーユ

Moelleux au chocolat*

♂ムワルー オショコラ

Moka

♂モカ

モカクリームケーキ

Mousse au chocolat

♀ムース オショコラ

チョコムース

Mont Blanc

♂モンブロン

モンブラン

Nougat

♂ヌガー

メルベイユー= 「すばらしい」の意。カリっとしたメレンゲをチョコホイップと削りチョコで包んだケーキ。

ムワルーオショコラ= 「まろやかなチョコ」の意。中まで火の通った生地で、口の中で解けるチョコ密度の高いケーキ。

Opéra*

♂オペラ

Palmier

♂パルミエ

源氏パイ

Paris-Brest*

♂パリ ブレスト

Poire Belle-Hélène*

♀ポワール ベル エレーヌ

洋梨のベルエレーヌ

Profiteroles*

♀プロフィット ロール

オペラ= チョコガナッシュ、モカバタークリーム、ビスキュイが層になった角ケーキ。

パリブレスト= プラリネ風味のバタークリームが挟まった、リング状シュークリーム。

ベルエレーヌ= 洋梨コンポートのバニラアイスとチョコソースがけ。

プロフィットロール= レストランの王道デザート。プチシューアイスのチョコソースがけ。

フランスのシュー菓子「ロリジューズ」

Quatre-quarts

♂カトル カール

パウンド ケーキ

Religieuse*

♀ルリジューズ

Riz au lait

♂リオレ

甘いミルク粥

Sablé

♂サブレ

Saint Honoré*

♂サントノレ

Savarin

♂サヴァラン

ババオラムの兄弟

ルリジューズ= シュークリームを雪だるま状に積んだ小菓子。クリームや糖衣で「修道女」らしく装飾。

サントノレ= パイ土台にカスタードクリームや生クリームを乗せ、カラメルのプチシューを飾ったケーキ。

Trianon/Royal*

♂トリアノン/ロワイアル

Tarte

♀タルト

Tarte Tatin

♀タルトタタン

タルトタタン

Tarte tropézienne*

♀トロペジエンヌ

Tartelette

♀タルトレット

1人前小型タルト

トリアノン= ダコワーズ土台にプラリネチョコムースが積まれたケーキ。

トロペジエンヌ= 「サントロペのタルト」カスタードのバタークリームをどっぷり挟んだブリオッシュのバーガー。

 外国発祥のパティスリ

Charlotte*

♀シャルロット

Cheesecake

♂チーズケイク

チーズケーキ

Cookies

♂クッキ

クッキー

Crumble

♂クロンブル

クランブル

Donats

♂ドナッツ

ドーナツ

Forêt noire*

♀フォレノワール

Gâteau roulé 

♂ガトールレ

ロールケーキ

Gaufre

♀ゴッフル

ベルギーワッフル

Sachertorte

♂サッシェルトルトゥ

ザッハトルテ

Muffin

♂マフィンヌ

マフィン

Panna cotta

♂パンナコッタ

パンナコッタ

Tiramisu

♂ティラミス

ティラミス

フォレノワール= 「黒い森」の意。ホイップクリームとキルシュ浸けのココアジェノワーズを層にし、サクランボと削りチョコで飾ったケーキ。

シャルロット= 周囲にビスキュイを貼り付けた冷ケーキ。

お菓子好きの用語

pâte

♀パットゥ

生地

Pâte feuilletée

フイユテ

パイ生地

Pâte à choux

アシュー

シュー生地

Pâte brisée

ブリゼ

無糖タルト生地

Pâte sablée

サブレ

有糖タルト生地

biscuit Joconde*

♂ビスキュイ ジョコンド

Génoise

♀ジェノワーズ

スポンジ生地

ビスキュイジョコンド= アーモンド粉のきいたスポンジ系ビスケット生地。

Crème Chantilly ♀クレーム ションティイ ホイップクリーム
Crème pâtissière ♀クレーム パティシエール カスタードクリーム
Compote ♀コンポットゥ コンポート
Confiture ♀コンフィチュール ジャム
Coulis  ♂クリ 果物どろソース

 

 あのデザートたち、フランスでは?

カスタードプリン

カスタードプリンの仏語はクレームキャラメル、またはフロン。クラシックなレシピのわりに、なぜか仏では目にすることが少ないデザート。たまに出会っても平気でスが入っていたりするので、プリンのスを気にするのは茶碗蒸し文化のなせる技かも。ちなみにフロンとは、モチっと固まったあのカスタード生地のことを言い、ファーブルトンやクラフティなどにも使われます。

甘いゼリー

あの甘いゼリーは、フランスでも La Jelly ジェリーという名で知られてはいる様子ですが、一度も見たことがありません。ゼリーと似た「ジュレ」という言葉は、ゼラチンで固められた塩味系のアペリティフ料理や、果物などの煮凝りソースがジュレと呼ばれています。

シュークリーム

フラ語でシューアラクレーム。シュー生地文化の国なのに、シュークリーム単体の販売はほとんど見たことがありません。伝統的なエクレアやロリジューズがあるからでしょうか。ですが近年ようやくパリにシュークリームの専門店が出ているとか!自国の食文化に対して保守派の仏人は多いので、負けずに生き残って欲しいです。

 

おわりに

フランスでは、ケーキ屋とパン屋の両方を掲げているお店が多いです。粉もん専門店という感じで、美味しそうな甘いモノがたくさん売られています。

今度フランスに来たら、ぜひパティスリーでケーキを買って食べてみてね。ハイブランドの味も素敵だけど、できれば土地の人ご愛用の伝統的なお店がおすすめ。仏人は男も女も甘党なので日本のケーキにくらべ、その強い甘さにはビックリすると思います。

各ケーキの歴史も順次、紹介していきます。それではまた次回♪

参考: Académie du gout – Tous les secrets des grands chefs