フランス家庭レシピの定番ケーキ【クラフティ】

 

食後デザートが超大切なフランスの、

家庭でササッと作れるお菓子「クラフティ」

 

クラフティは、型に流し込むアパレイユと果物を用意すれば良いだけなので、ある意味タルトより手間のかからないお菓子です。

焼き上がりは「フロン」と呼ばれる固めのカスタード生地が一般ですが、パティシエのレシピというよりは家庭レシピなので、材料の分量によってフロンの状態は各家庭でさまざまです。

今日はそんなフランスの伝統菓子「クラフティ」の話をすこし♪

スポンサーリンク

クラフティの歴史

クラフティはサクランボが王道

「クラフティ」の故郷は、フランス中南部地域リムザン。19世紀に “サクランボのクラフティ” が広まりました。

名前の語源は2説あります。オクシタン語で「満たす」を意味する言葉からで、サクランボをギッチリ敷き詰めたところに、卵液をなみなみと注いで満たすところから名付けた、という説。

もうひとつは、ラテン語で「釘で固定する」の意味から。焼き上がりのサクランボの様子が、まるで釘が生地を固定している様だからという説です。

 

伝統では、サクランボの種は残したまま焼きます。すると、アーモンドのような香りが生地に移るのです。

もちろん家庭では食べやすく種をとってもよいですが、サクランボから汁が出て焼き上がりが水っぽくなるので、アパレイユ材料の配合を少し調整する必要がでてきます。

本来は、サクランボの季節のデザートです。でもなんせ簡単にできるお菓子なので、リンゴ・洋梨・スモモ類・ベリー類など、様々な果物で年中作ることができます。

家庭レシピなので、絶対にこうじゃないとダメというお菓子でもなく、大きな失敗がないというのも魅力です。

かんたんレシピ紹介 (8人分ほど)

黒サクランボ(種付)  500g
卵   4コ
薄力粉 100g
砂糖  100g

溶かしバター 50g
牛乳  250ml
塩  ひとつまみ

①バターを塗った型にサクランボをぎっちり敷き詰める。
②ボールに卵と砂糖を入れ白くなるまで混ぜたら、
③薄力粉と溶かしバターと塩を入れてよく混ぜ、
④牛乳を少しずつ入れて均一になるよう混ぜる。ここでバニラやキルシュなどで好きに風味づけをする。
⑤④の卵汁を①の型に流し入れ、180℃に熱したオーブンで40分ほど焼く。

 

 温かくても冷めても美味しい!薄力粉の一部をアーモンドプードルに、牛乳の一部を生クリームに置き換えても美味。

サクランボでなくても、リンゴなど他の果物で気軽にできるので、ぜひ一度作ってみてね!

それではまた次回♪

参考参照
France culture – Clafoutis à tout faire