フランスのデザート「プロフィトロール」

【プロフィトロール】シューアイスとホットチョコのデザート

みなさん、こんにちは。

前回のシュー菓子に続いて、今日は「プロフィトロール」のお話です。

 

「プロフィトロール」はフランスの、レストランやビストロのメニューには欠かせないデザート。

 

フランス語でプロフィテといえば「有効に活用する」といった意味。

変ちくりんな名前からはどんな物なのか想像できず、注文して出てきた物を見て、そのボリュームにギョッとするタイプのデザート。

 

でも一口たべると、アイスの冷たさとシューの食感が口に爽やかで、もう手が口が止まらない。

それこそ、ご褒美!とばかりに、プロフィテしたくなるデザートだから不思議です。

 

ということで今日は、フランスのレストランの定番デザート「プロフィトロール」のお話です♪

 

スポンサーリンク

デザート「プロフィトロール」の歴史

フランスのデザート「プロフィトロール」

「プロフィトロール」profiteroles は、ミニシューアイスのホットチョコソースがけです。

冷たいシューアイスと熱いチョコソースの組み合わせを楽しむデザート。

 

シューのサイズはさまざまですが、中サイズなシューを3つ4つお皿に盛ってサーブされることが多いです。

見た目はけっこうボリューミーですが、意外とペロッといけちゃう恐ろしいデザート。

名前の由来は?

16世紀の作家ラブレーの作品『パンタグリュエル』の中にも「プロフィトロール」という言葉が出てきます。

当時でいう「プロフィ」とは、お手伝いさんへのちょっとした「ご褒美」としての食べ物のこと。

熱い灰の中で焼かれた、小さい団子状の焼き生地でした。

 

17世紀には、鶏のトサカなどの動物の微妙な部位を、パンの欠片に詰めてポタージュで煮た料理をプロフィトロールと呼んでおり、これもスイーツとはまったく関係のないものでした。

 

その後、カトリンヌ・ド・メディシスの料理人ポペリーニが、パッタショ pâte à chaud とよばれたシュー生地の元祖を開拓。

18世紀にケーキ職人アヴィスがレシピを改良、名職人カレームがシュー生地を完成させ、シュークリームやエクレアを生み出します。

そうして1875年ごろに、シュークリームにチョコソースをかけたプロフィトロールのレシピが出回りますが、じつは、誰の発案なのかはナゾなのです。

 

 

チョコの香りとシューアイスの甘冷たい口当たりに、罪悪感なんてブっ飛んで、夢中になって食べてしまうこと間違いなしのデザート。フランスのレストランでプロフィトロールに出会ったら、ぜひ注文して食べてみてね。

それではまた次回♪

参考参照
La petite histoire de pâtisserie française- Benkhadra-Zakari
Académie du goût- La profiterole, dessert intemporel