アルザス郷土料理シュークルート

【アルザスの郷土料理と菓子】旅の食べモノ記録

今日はアルザス旅行で食べた【アルザスの郷土料理と菓子】を紹介します。

地名だけでなく、料理もドイツっぽいのがアルザス地方です。

豚肉やジャガイモや小麦を中心とした料理に、豊富な種類のワインとビール。レストランでは男も女も昼食時から、ゆったり一杯飲んでいたのが印象的でした。

今日は数あるアルザス料理から、私が食べたものをいくつか紹介したいと思います。

スポンサーリンク

美味しいアルザス料理と菓子たち。

シュークルート « Choucroute Garnie Alsacienne »

アルザス郷土料理シュークルート

アルザスと言えばの料理がコレ。シュークルートは発酵キャベツのことで、それにソーセージなどの豚肉とジャガイモが乗った一皿。有名だしパリでも食べられるけど、記念に本場で食べておきました。温かい発酵キャベツがさっぱりして美味しい、豚肉好きにはたまらない一品。肉でなく魚バージョンもあります。

タルトフランベ « Tarte Flambée »

アルザス郷土料理タルトフランベ

フラメキュッシュとも呼ばれる、とても薄いピザみたいな料理。口当たりが軽いので、ピザの苦手な私でもサクサク食べられました。ソースはクリームチーズ系が主流で、具はごちゃごちゃ乗せず、ベーコンやキノコだけなど、とてもシンプル。手で直に取って食べてよいので、ナイフフォークは頼まないと出てこない店もあります。

ベッコフ « Baeckeoffe »

アルザス郷土料理ベッコフ

アルザスに昔からある、ジャガイモと肉のオーブン煮込み料理。アルザス特有の楕円形の土鍋の中に、香味野菜とリースリング(白ワイン)で一晩マリネしておいた豚肉と子羊肉と牛肉を入れ、そこへジャガイモをたんまり加えてオーブンで煮こんだ料理。肉は口の中でホロホロと崩れるほど柔らかく、とっても美味しい。あっさりした肉じゃがという感じで、思わず醤油を加えたくなりました。写真の奥に見える脚の緑色のグラスが、アルザス伝統のワイングラスです。

フライシュシュナッカ « Fleischschnacka »

アルザスの郷土料理・肉のパスタ巻き

アルザス語で「肉のエスカルゴ」の意。牛ミンチのパスタ巻きをブイヨンで煮た料理で、昔はポトフの残りで作られていました。パスタはラザニアの様な薄いのではなく、アルザス流の分厚いパスタ。見た目よりもあっさりとしていて、とても食べやすかった一品。

ヴィニュロンヌサラダ « Salade vigneronne »

アルザスのセルヴラソーセージのサラダ

セルヴラというソーセージと、エメンタールやグリュイエールチーズの千切りを、マスタードソースで和えたもの。セルヴラの昔のレシピは、豚の肉と脳ミソでしたが、現在では肉のみで作られているそうです。連日の食事で胃が疲れ気味だったので、サラダというからグリーン野菜を期待して注文したら、思いっきりタンパク質でぶったまげた一品。でも美味しかったです。

アルザス流ブシェアラレンヌ « Bouchée à la reine alsacienne »

アルザスの定番パイ料理ブシェアラレンヌ

フランス料理の代表ブシェアラレンヌは、ルイ15世の妻でアルザス在住だったマリー・レグザンスカの料理人が、王妃のために確立させた一品。サクサクに焼けたパイ生地の中に、鶏肉とクーネルとマッシュルームのブツ切りのホワイトソースが、溢れ出すまでたっぷり入っています。

クグロフ « Kougelhopf »

アルザス郷土菓子クグロフ

カヌレ状の焼き型が特徴の歴史ある菓子で、アルザスのパン屋の定番。ブリオッシュよりも乾燥した生地で、中に白レーズンが入っており、表面にはアーモンドが飾られています。昔は祝いの席に食べられた菓子ですが、今日では朝食パンとして食べられ、アペリティフ用には塩味系クグロフも作られています。

ブレッツェル « Bretzel »

アルザスのブレッツェル

プレッツェルの名前で世界的に有名な、おつまみ焼き菓子。アルザスでは、成形したブリオッシュ生地を重曹水に浸してから焼いた、大きいサイズのパンの方がよく売られています。このパンの歴史はとても古く、腕を組んだような「形」に関しては、数々の言われがあるようです。朝食によばれましたが、けっこうズッシリくるパンでした。

オベルネ町の古家の門にあったブレッチェル

↑モン・サント・オディル修道院の麓の町オベルネを散策していて見つけた、17世紀に建てられた家のアーチに彫られている紋。ブレッツェルはパン屋、半円形の輪は粉挽き屋の印で、当時の職業組合の紋だそう。

トルシュオマロン « Torche aux marrons »

アルザス版のモンブランケーキ

「栗のトーチ」の意で、モンブランケーキのアルザス版。秋のアルザスでは、どこのケーキ屋でも作ってる定番菓子です。店によって美味しそうな雰囲気が違うので、甘党さんなら食べ比べをしてみても楽しそうです。

アルザスの郷土料理はたくさんあり、シーズン物のお菓子やビールなども豊富で、どの季節に訪ねても違った味を楽しめます。欧米の食事は一皿メニューが一般的で量も多め。その洋食パターンにももう慣れたと思っていたのですが、アルザスの一人前の量を見たときには、初心に戻ったかのようにそのボリュームに驚きました。ですが、どの料理もお菓子も気取ってなくて家庭的。この素朴な感じが口にも心にも温かく、またいつか食べに戻って来ようと思わせる味でした。