羊セミハードチーズの代表フランスピレネーの【オッソ・イラティ】

みなさん、こんにちは。今回はフランス羊チーズ「トム・ド・ブルビ・ピレネー」の中の有名選手『オッソ・イラティ』です。

このチーズは、羊ミルクの濃いコクと柔らかい甘さ、口当たりのしっかりした重さが特徴です。

ここから羊チーズファンになってしまうくらい、クセになる美味しいチーズです。

スポンサーリンク

産地と歴史

 

羊のセミハードチーズ『トム・ド・ブルビ』の歴史は古く、1世紀にはすでに作られていたそう。「ピレネー地方で作られていた」という歴史がはっきりするのが15世紀。ずいぶん長い歴史のあるチーズです。

 

ピレネーのトム・ド・ブルビのひとつである『オッソ・イラティ』は、フランスとスペインの国境近くペイ・バスクベアルンと呼ばれる地域で生産されます。

オッソ」とはベアルンにある渓谷の名前、「イラティ」はペイ・バスクにある森林の名前です。

オッソイラティの生産地域をフランスの地図に示している

 

1980年にはAOC、1996年にはAOPを取得しています。つまり品質においてもブランドとしても、しっかり認められているチーズというわけです。

『AOC = Appellation d’Origine Contrôlée』フランス認証の品質保証制度。

AOP = Appellation d’Origine Protégée』EU認証の原産地呼称を保護する制度。

 

何のミルクから?どんなチーズ?

 

ベアルンペイバスクで飼育されている羊の生乳・低温殺菌乳からつくられるセミハードのチーズ。外側の皮は黄色・オレンジ・グレーと熟成により様々です。80日から120日の熟成を経ます。

 

味は?

オッソイラティの断面写真

しっかりした羊ミルクのコクと甘みがあります。生地の密度もしっかりしていて、口の中でも重みがあります。

(あくまで個人的味覚より↓)

耐えられない様なクセはないので、食べやすい部類に入るチーズ。ですが、他のピレネーのブルビチーズに比べると、人によってはコク (ミルクのクセ) が強いと感じるかもしれません。

どのチーズにも言えることですが、同じメーカーの「オッソ・イラティ」でも、買う時によって味や風味が違ってくることがあります。オッソ・イラティの美味しいのに当たれば、コクのバランスがとれていて本当に美味しいですが、まれに動物臭がキツイなと感じるモノに当たるときもあります。

お店などでは、このチーズを黒ベリージャムやクルミパンと一緒に食べると美味しいよ!とよく勧められます。

確かにジャムとチーズは良く合います。ジャムだって、これじゃないとダメということもないので、自分で色々試してみて好きな組み合わせを発見するのも面白いと思います。

私もジャムを色々と試しましたが、結局今は何もつけないでそのまま食べます。塗るのが面倒くさいのもありますが、マヨネーズみたいなもので、総合的な味の印象がいつも同じになってしまうと感じて飽きてしまいました…。

 

オッソ・イラティ好きにオマケ

 

『オッソ・イラティ』のホール状では製造タイプを見分けることができるようです。

特定の「オッソ・イラティ」製造メーカーで生産されたチーズは、チーズホールの上面に羊の横顔がスタンプされています。メーカーが羊乳業者からミルクを買い取って自社で製造するパターン。よって低温殺菌されたミルクを使ったりします。

それに対し、羊農家が生産するタイプ。つまり1箇所の決まった羊の群れから採る生ミルクで製造されることになります。チーズホールの上面には羊の正面からの顔がスタンプされます。

とりわけ、夏の放牧期間中に山で製造されたチーズは『オッソ・イラティ・デスティヴ』と呼ばれ、チーズホールの上面には羊の正面顔のスタンプと、夏の山を表す三角形とエーデルワイスのスタンプが入ります。

 

参考・参照 Les fromages AOP Ossau-Iraty, il y en a pour tous les goûts

 

おわりに

 

『オッソ・イラティ』を見つけたら食べてみてください!

チーズ好きはもちろん、「どちらかというとチーズ好き」という人ならば、羊のチーズのコクってこんなに美味しいのか!と一発でとりこになると思います。

買って持って帰る途中、チーズが汗かくと味がすぐに変わってしまうので、夏場の暑い時期の持ち帰りには気をつけてください。