フランスのデザート「カフェグルモン」

フレンチレストの定番デザート【カフェグルモン】の歴史

みなさん、こんにちは。

今日はフランスのレストランで、食いしん坊のために考案されたデザート「カフェグルモン」のお話。

 

日本育ちの私は、メイン料理の後にデザートを食べるという習慣は、全くありませんでした。

甘党より辛党なのもありますが、立て続けにそんなに食べられるか!というのが本音です。

しかし、フランスのレストランでは、最後にデザートを頼むが普通。(もちろん頼まない人もいます)

なので何度か「メイン + デザート」を興味本位でやっていると、習慣とは恐ろしいもので、慣れるんですね、お腹と頭が。

挙げ句の果て、最後にひとくち甘い物がないと、食事が締まらなくなります。

砂糖は中毒性があると言われるように、どんどん食いしん坊になって、あれもこれも味わいたい。

おまけにフランスには、そんな人に打ってつけの画期的デザートがあるんです。

そう、それが「カフェグルモン」です。

スポンサーリンク

大成功を収めたデザート「カフェグルモン」

フランスのレストランの定番デザート「カフェグルモン」

(左上から半時計回り)
ムースオショコラ
パンナコッタの赤いベリーソース添え
エスプレッソ
洋梨タルト

 

「カフェグルモン」とは「エスプレッソ1杯 + ミニスイーツ数種盛り」のワンプレートデザートのこと。

長い歴史があるのかと思いきや、じつは2000年ごろ、パリのチェーンレストラン発祥の、比較的新しいアイデアなのです。

以前からパーティー用などに、一口サイズの「Petits fours プチフー」や「Bouchées ブシェ」があったので、ミニサイズ自体は珍しいことではありません。

でもこの「カフェ付きミニスイーツ盛り」または「ミニスイーツ付きカフェ」というコンセプトが大当たりし、アレよアレよという間に広まって、今では多くのレストランでメニューの常連になりました。

「お得感」がヒットの決め手

フランスのデザート「カフェグルモン」

(左上から半時計回り)
ココナッツアイス
フォンドンオショコラのクレームオングレーズ添え
エスプレッソ
クレームブリュレのシャンティ添え

 

5人に1人はデザートに注文すると言われる「カフェグルモン」ですが、なぜこんなにヒットしたのかというと、、、

① アレもコレも食べたい食いしん坊の欲求を満たせること。

② デザート1皿とカフェを別々に注文するよりも、値段が少々お得な場合が多い。基本みんな「お得」 に弱いので、コレはとても大切な要素。

③ そして「カフェはデザートの後」という習慣が強いフランスにしては珍しく、カフェがケーキと同時に出てくるので、急いでいるときには便利。

 

などが理由として考えられています。

「カフェグルモン」が出た当初は、レストランが自家製デザートを披露する目的が大きかったそうですが、それがコンセプトのヒットとともに、仕入れた冷凍ミニスイーツを提供する店が多くなったのも事実なようです。

もちろん手作りを提供する、こだわりレストランもちゃんとあります。スイーツ好きを満足させるこのデザート。フランスに来たら、食後のデザートに、カフェの時間に、ぜひ注文してみてくださいね。

それではまた次回!

参考参照
Le Figaro Économie- Le «café gourmand» en vogue
france inter- Décollage immédiat- Le Café gourmand
フランスのデザート「カフェグルモン」
最新情報をチェック