「タルトタタン」の歴史

【タルトタタン】ひっくり返ったリンゴタルトの歴史

料理マメだった母が、

リンゴでお菓子やジャムを作ってくれたという記憶がほとんどありません。

どうも本人曰く、リンゴはそのまま食べた方が何倍も美味しいからだそう。

 

こうしてリンゴは “生” で育った私は、 たまにネダって買ってもらうマ○ドのアップルパイが、最高のリンゴ菓子でした。。。

 

そんな昔を思い出しつつ「タルトタタン」を初めて食べたときの感動とは。

 リンゴが高級デザートになっている!

 

食後デザートが必須のフランスで、果物タルトやクラフティはサっと作れる家庭の定番レシピ。

年中カンタンに手に入るリンゴは、お菓子作りに重宝します。

 

でもね、リンゴって決して安いわけじゃないのに、庶民的で高級感に欠ける果物。

そんなリンゴケーキにも、ちょっと別格な存在があって、それが「タルトタタン」。

 

何が別格って、見た目の迫力とその美味さ。

ギュッと詰まった琥珀色の肉厚リンゴと、ホイップクリーム添えでいただくバターカラメルの濃厚な味。

 

今日はそんな、よそ行きのリンゴ菓子「タルトタタン」のお話です。

 

スポンサーリンク

「タルトタタン」の歴史

「タルトタタン」の歴史

「タルトタタン」はパリから200キロほど南の村ラモット・ブーヴロン生まれ。

ステファニーとカロリンヌのタタン姉妹は、この村でホテルを経営していました。(1894年〜1906年) 姉カロリンヌが接客を、妹ステファニーが台所を担当。

 

狩猟解禁のとある日曜日、ステファニーはリンゴタルトを作っていて、タルト生地を敷くのを忘れたまま、リンゴが入った型をオーブンに入れてしまいます。ハッと忘れ物に気付いたステファニーは、タルト生地をリンゴの上にかぶせて焼き上げました。

 

もう1つ、ステファニーがリンゴタルトをオーブンから出す時にひっくり返してしまった、という説もあります。

 

でもこのお菓子、タタン姉妹よりずっと昔から、リンゴや洋梨を使って作られていました。母から娘へと受け継がれる、この地方の家庭レシピだったのです。それを姉妹がうまいこと有名にします。

 

とある狩猟の日、姉妹のホテルにパリのレストラン Maxim’s マキシムのオーナーが食事に来ていました。彼はこのタルトをとても気に入り、姉妹にレシピを聞きますが教えてもらえません。そこで彼はスパイを送り込み、レシピを入手。タルトの名前を「タタン姉妹のタルト」と名付けます。

 

それを料理評論家キュルノンスキが、自分の著書でレシピを紹介すると同時に、タルト誕生の秘話を「失敗から生まれた」と面白おかしく飾ったと言われています。

 クラシックレシピは最高に美味しいのですが、カロリーがちょいと心配なのが本心。けれど最近はみんな健康志向なので、上手に改良されたレシピが、ネットでたくさん見られます。

材料の分量はもちろん、リンゴの切り方から火の入れ方、カラメルやバターを使う段階、全てがレシピよって様々。

私はバター少しのあっさりタルトタタンに、ホイップクリームを添えて食べるのが好き。みなさんも、いろいろ試してみて、自分好みのレシピを見つけてみてください。洋梨で作っても美味しいよ!

それではまた次回♪

参考参照
Cuisine Actuelle- La vraie histoire de la tarte Tatin
Stéphane Décotterd- Une Histoire de cuisine….La petite histoire de la Tarte Tatin