基本フランス語【数字】かぞえ方と覚え方のポイント

 

フランス語の『数のかぞえ方』は独特ですが、規則をつかめば簡単。言ったり書いたりは、すぐにできるようになります。
ちょっと難儀するのは聞き取り。

音と同時に、反射的にその数字が頭にパアッと浮かんでくるようにするのが理想です。集中的に聞き取りトレーニングすれば、案外はやく慣れますよ。

それではフランス語の『数のかぞえ方』をみてみましょ。

聞きとりをする際に、知っておくと便利と思われる発音変化のポイントは数字の聞きとりのために知っておきたい発音のポイントにまとめてあります。
スポンサーリンク

『数のかぞえ方』基本ポイント

基数 « Les nombres cardinaux »

ステップ1

がんばって、覚えます。

フランス語の数の習得は、最初に1〜19の数字をイカにものにしておくかで決まります。

なじみの薄い11〜19はとくに張りきってやりましょう。

zéro 10 dix [dis]
1 un 11 onze
2 deux 12 douze
3 trois 13 treize
4 quatre 14 quatorze
5 cinq [sẽk] 15 quinze
6 six [sis] 16 seize
sept [sɛt] 17  dix-sept [di.sɛt]
8 huit [ɥit] 18 dix-huit [di.zɥit]
9 neuf   19 dix-neuf

ここまで覚えたら、つぎへ。

 

ステップ2

ここも、がんばって覚えます。

20  vingt  [vɛ̃ ]
30 trente
40 quarante
50 cinquante
60 soixante  [swa.sɑ̃ t]
70 soixante-dix  (60+10)
80 quatre-vingts
90 quatre-vingt-dix  (80+10)
100 cent
1 000 mille

もうひと踏ん張りです。

 

ここでちょっと、個人的なアドバイス。よければ参考にしてください。

 80 « quatre-vingts » を ( 4×20 ) と分解して認識する説明がありますが、これに固執するのはあまりオススメしません。80台・90台の数字に馴染むのにムダに時間がかかります。
« quatre-vingts » ときいたら « 4×20 » ではなく « 80 » を頭にうかべます。これと « soixante » が « 60 » であるイメージを頭にたたき込んだら、60〜100 まではすぐに制覇できます。

ステップ3

「21・31・41・51・61・71」だけ « et » でつなげます。

あとはどんどん足していくだけ…

21 vingt-et-un 22  vingt-deux
31 trente-et-un 33 trente-trois
41 quarante-et-un 44 quarante-quatre
51 cinquante-et-un 55 cinquante-cinq
61 soixante-et-un (60+1…) 66 soixante-six
71 soixante-et-onze (60+11…) 77 soixante-dix-sept
81 quatre-vingt-un (80+1…) 88 quatre-vingt-huit
91 quatre-vingt-onze (80+11…) 99  quatre-vingt-dix-neuf
101 cent-un 111 cent-onze
201 deux-cent-un 222 deux-cent-vingt-deux

 

これですでに 1000 までの数字はいけます!

次は書く必要がある場合にそなえてです。

 

数をアルファベットで書くときの注意点

数をつなげる    トレデュニオン について

 

以前は100以下の「et」を使わない複合型の数字だけ « – » un trait d’union でつなげました。

現在のルールではすべて « – » でつなげても良いことになっています。(もちろん旧式のルールで書く人もいます)

 

「479」→ quatre-cent-soixante-dix-neuf

 

80  “quatre-vingts” について

最後が 80 で終わる場合は s がつきます。

端数があれば s はつきません。

 

「80」quatre-vingt( s あり)
「83」quatre-vingt-trois  ( s なし)
「280」deux-cent-quatre-vingts ( s あり)

 

100  ” cent ” について

« Cent » は、後ろに端数がない場合は s がつきます。

端数がある場合は s はつきません。

 

「500」cinq-cents
「521」cinq-cent-vingt-et-un
「380」trois-cent-quatre-vingts

 

1000 ” mille ” について

« Mille » に s はつきません

全部アルファベットか全部数字でかきます。

 

「3 000」

→ “trois-mille
“3 mille” とは書かないので注意です。

 

「10 004」

dix-mille-quatre

 

おまけで、1000以上

あまり書いたりしないけど、目にすることはあると思うので …

いずれも複数の s に対応します

 

「3 000 000」trois millions

million   1 000 000
milliard  1 000 000 000
billion   1 000 000 000 000
billiard  1 000 000 000 000 000
trillion  1 000 000 000 000 000 000

 

序数について

さいごに、序数 « Les nombres ordinaux » をみてみます。

« – ième » をつけます。

1番目の premier (ère)
2番目の deuxième /second (e)
3番目の troisième
4番目の quatrième
9番目の neuvième
21番目の vingt et unième [vɛ̃ .te.y.njɛm]
100番目の centième
1000番目の millième

おわりに

日常生活でフランス語の数字の聴解力を一番とわれるのは、読み上げられる電話番号や予約番号などをメモするとき。お店のレジで会計するときも、小銭ジャラジャラになりたくないなら聴解力が必要です。

小切手発行時など書くのに関しては、ポケットに虎の巻さえあれば何とでもなるので大丈夫。試験ではちゃんと書けなきゃダメですけどね、、それではまた次回♪

関連記事

  今日は【フランス語で日付を言う】がテーマです。   みなさん、こんにちは。 仏式の日付の言い方は、和式とは異なり、年月日曜の順番がものの見事に逆転します。 最初はちょっと戸惑う日付のあら[…]

関連記事

  クレジットカード番号、フラ語ではどう読み上げるんだろう...?   フランス語で数字は言えるけど、どう使ったらいいのか分からない場面が時々あります。 電話番号であったり、カードや予約番号であっ[…]

関連記事

  フランス語の数も言えるようになって自信がついてるのに、ナゼかしっくり聞き取れないときがあります。 それは、語末の子音の音が変わるだけでなく、子音が抜け落ちて ( = のみ込まれて) しまうことがあるため。 &[…]

関連記事

  みなさん、こんにちは。 今日はフランス語で【時刻のあらわし方】です。   フランス語では時刻を表すのに「12時制」と「24時制」の両方をつかいます。 12時制は時刻をザックリ言うときに、24時制は時刻を正確[…]

フランス語で時刻