フランス語で時刻

フランス語で【時刻】を言うには?時間表現のポイントと注意点

 

みなさん、こんにちは。今日はフランス語で【時刻のあらわし方】です。

フランス語では時刻を表すのに、12時制と24時制の両方をつかいます。

12時制は時刻を大まかに言う時によくつかわれ、24時制は時刻を正確に言う必要がある時によくつかいます。それでは、ちょっとみてみましょ。

基本の【数のかぞえ方】を確認したい方はこちら↓で解説しています。

関連記事

  フランス語の『数のかぞえ方』は独特ですが、規則をつかめば簡単。言ったり書いたりは、すぐにできるようになります。 ちょっと難儀するのは聞き取り。 音と同時に、反射的にその数字が頭にパアッと浮かんでくるようにする[…]

スポンサーリンク

ステップ1・【時】のあらわし方

時刻を言う時には ” IL EST…” をつかいます。

何時? Quelle heure est-il ?
時△分だよ。 Il est ….

まずは『時』のあらわし方をみてみます。24時制と12時制です。

24時制

12時制
1:00 une heure 1:00 une heure   (du matin)
2:00 deux heures 2:00 deux heures
3:00 trois heures 3:00 trois heures
4:00 quatre heures 4:00 quatre heures
5:00 cinq heures 5:00 cinq heures
6:00 six heures 6:00 six heures
7:00 sept heures 7:00 sept heures
8:00 huit heures 8:00 huit heures
9:00 neuf heures 9:00 neuf heures
10:00  dix heures 10:00 dix heures
11:00 onze heures 11:00 onze heures
12:00 douze heures 12:00 midi
13:00 treize heures 1:00 une heure   (d’après-midi)
14:00 quatorze heures 2:00 deux heures
15:00 quinze heures 3:00 trois heures
16:00 seize heures 4:00 quatre heures
17:00 dix-sept heures 5:00 cinq heures
18:00 dix-huit heures 6:00 six heures    (du soir)
19:00 dix-neuf heures 7:00 sept heures
20:00 vingt heures 8:00 huit heures
21:00 vingt et une heures 9:00 neuf heures
22:00 vingt-deux heures 10:00 dix heures
23:00 vingt-trois heures 11:00 onze heures
0:00 zéro heures 12:00 minuit

数字をしっかり言えるようになっていれば、ここはそれほどややこしくないかと思います。

以下、注意点です。

  « heure » は S【複数】になれます。

1 h    une heure  ( s なし)
2 h    deux heures  ( s あり)

【12 h 0 h】 について

お昼 12 h  « douze heures » または « midi » です。

深夜 0 h  « minuit » です。 « zéro heure» も可ですが、日付が変わってることを強調する必要がある場合以外あまり使いません。

« douze heures du soir/ vingt-quatre heures» は使いません。

【午前と午後】について

 a.m. / p.m.』はつかいません。

午前なのか午後なのかはっきりさせたい時は、du matin/ de l’après-midi/ du soir を後につけます。

1 h – 11 h          (例)  1 h  du matin
13 h – 17 h                1 h  de l’après-midi
18 h – 23 h                6 h  du soir

次は「ステップ2」。ここが勝負です。

 

ステップ2・【時△分】のあらわし方

つぎに『○時△分』のあらわし方をみてみます。

24時制 12時制
1 : 15 une heure quinze 1 : 15 une heure et quart
12 : 30 douze heures trente 12 : 30 midi et demi
15 : 35 quinze heures trente-cinq 3 : 35 quatre heures moins vingt-cinq
17 : 40 dix-sept heures quarante 5 : 40 six heures moins vingt
19 : 45 dix-neuf heures quarante-cinq 7 : 45 huit heures moins le quart
21 : 50 vingt et une heures cinquante 9 : 50 dix heures moins dix
23 : 55 vingt-trois heures cinquante-cinq 11 : 55 minuit moins cinq

24時制○時△分を、《○heure(s)△》と数字をそのまま入れれば良いので、分かりやすいかと思います。

ちょっとややこしいのは12時制。

以下の注意事項とともに、12時制をくわしく見てみましょう。

まずは基本の【時刻の言い方】

○時△分を、《○heure(s)△》と数字をそのまま入れれば良いです。

10 h 43   dix heures quarante-trois
12 h 20   douze heures vingt / midi vingt

30分  【 demi 】  について (12時制)

30分【et demi(e)】です。 

« heure ♀» につく場合は女性形 « e » がつきます。

midi et demi /  minuit et demi   ( e なし)
trois heures et demie                ( e あり)

【quart】と【moins】の使い方(12時制)

【quart】  

4分の1』の意味。よって「15分, 45分」の時に使えます。

2 h 15     deux heures et quart
2 h 45     trois heures moins le quart

【moin】

これを使って「35, 40, 45, 50, 55」の時に『時の△分前』という表現をします。

1 h 35      deux heures moins vingt-cinq
1 h 40      deux heures moins vingt
1 h 45      deux heures moins le quart
1 h 50      deux heures moins dix
1 h 55      deux heures moins cinq

注意事項

基本的に【12時制と24時制】は混ぜて表現しません

例・18 h 30

dix-huit heures et demie 
dix-huit heures trente     
six heures et demie         

 

まとめ

 

12時制のポイントは、アナログ時計で考えることです。

0 h = minuit / 12 h = midi 』『30 = et demi 』『15= et quart 』『45 = moins le quart をまずしっかり覚えます。

次にアナログ時計を思い浮かべて30分(demi)を界に、前半(時計右半分)/後半(時計左半分)を意識します。

そして分針が、前半にあるときは足す表現後半にあるときは引く(moins) 表現と考え、あとは文字盤の「12」を起点にざっくり5分刻みでとらえていったらOKです。

 


12時制が使いにくかったら、24時制ですべて表現してもまったく問題ありません。

ですが、12時制の表現も耳にすることが多いので、ある程度の仕組みは理解しておいた方がサバイバルのためには良いと思います。

今回はフランス語で【時刻の言い方】でした。