フランス語【数字の聞き取り】のために知っておきたい発音ポイント

 

フランス語の数も言えるようになって自信がついてるのに、ナゼかしっくり聞き取れないときがあります。

それは、語末の子音の音が変わるだけでなく、子音が抜け落ちて ( = のみ込まれて) しまうことがあるため。このことを少し頭に入れておいたら、聞き取りがぐんとラクになると思います。

今回は『フランス語の数の語末の子音』についてです。

 

スポンサーリンク

『数字の聞きとり』のポイント2つ

 

①数字の最後の子音が脱落、もしくは飲み込まれて聞こえる。

4 Quatre/5 Cinq/6 Six/8 Huit/10 Dix 

4[kat]キャっ、5[sɛ̃ ]サン、6[si]スィ、8[ɥi]ユイ、10[di]ディ

の発音になることが多々あります。

30 Trente/40 Quarante/50 Cinquante/60 Soixante

数字単独ではしっかりさいごまで発音されますが、うしろに単語が続くと最後[t] がかなり飲み込まれて発音されることがあります。

ボ〜ッと聞いてると、トゥろん・キャろん・サンコン・スワソン [tʀɑ̃ /kaʀɑ̃ /sɛ̃ kɑ̃ /swasɑ̃ ] と聞こえます。

とくに Cent Mille と組み合わさると子音が脱落するので要注意です。

 

②数字の最後の子音の音が変わる。

Six/Dix [s] [z] に変わることがある。
Neuf [f][v] に変わることがある。

 

上記2つのポイントを少し意識したら聞き取りがラクになります。

もう少し詳しくみたい方はつづきをどうぞ。

 

Quatre [katʀ] [kat]

Quatre はたいてい [ ʀ ] は発音されますが、下記のように [ ʀ ] が抜け落ちて [ kat ] になった上、[ t ] がかなり飲み込まれた発音になることがあります。

[ ]内は発音記号。
( )内はその発音を無理やりフランス語風に文字に起こしたものです。発音記号が見辛いときはコレをフランス語風に読んでください。

[ʀ] は落ち、 [t] が飲みこまれた発音の例。

400    [kat.sɑ̃ ](katsan) キャ・ソン
4000   [kat.mil] (katmil) キャ・ミル
4×4 (4WD)   [kat.katʀ] (kat-katre)

 

5 Cinq [sɛ̃k] [sɛ̃]

たいてい  q  [ k ] は発音されますが、[ k ] が完全に落ちてるか、のみ込まれてつまった状態できこえる場合があります。

[k]が発音されてる例。

cinq ans [sɛ̃ .kã] (sinkan) サンコン 

 [k] が脱落してる例。

500    [sɛ̃ .sã](sinsan) サンソン
5000             (sinmil) サンミル
5 minutes    k がのまれ (sin-minut) にきこえる

 

6と10  Six [sis/ si]  Dix [dis/ di]

6と10も基本 [ s ] は発音されますが [ z ] になったり、脱落する場合があります。

[s]が[z]に変わってる例。

six hommes/ dix hommes
[si.zɔm/ di.zɔm] (sizom/ dizom)  s は z で発音されてる。この h は無音

six ans/ dix ans
(sizan/ dizan) z となって発音されてる

[s] が落ちてる例。

six jours/ dix jours
[si.ʒuʀ/di.ʒuʀ]  (sijour/ dijour)

6 000/10 000  (simil/ dimil)

600 (sisan)

six haricots / dix haricots
(siariko/ diariko) このhは有音

six personnes /dix personnes
[si.pɛʀ.sɔn/ di.pɛʀ.sɔn]  (sipersonn/ dipersonn)

 

8  Huit  [ɥit/ ɥi]

[t] が落ちてる例。

800    [ɥi.sã] (uisan)  ユイソン
8 000           (uimil)  ユイミル
huit jours    (uijour)

 

7と9 Sept  [sɛt]/ Neuf [nœf]

[ t ] も [ f ] もちゃんと発音されますが、Sept は [ t ] がかなり詰まって発音されることが多いです。Neuf は [v] の音に変わる場合があるので注意。

[f]が[v]に変わってる例。

neuf ans    [nœɑ] (nevan)

neuf heurs    (neveur)

 

おわりに

数字の語末の子音の脱落については、地方によっても異なってくる場合があります。例えば 20 Vingt の「t」を発音するところもあったりします。ここでは、いちばん現象が共通していると思われる例をあげてあります。

今回は、すこしでも数字の聞き取りがスムーズになるよう『フランス語の数字の語末の子音について』みてみました。