« C’est pas terrible » と « C’est pas mal » の真意

 

« C’est pas terrible » « C’est pas mal »  会話でよく聞く表現です。

これを『ひどい』『わるい』の意味で解釈していると、何だか「?」なことになってしまう不思議な表現なんです。

今回はこの2つの文について、みてみたいと思います。

スポンサーリンク

C’est pas terrible. 「たいしたことないなあ」

« Terrible » という単語。辞書をひくと最初に『ひどい・耐えがたい』といったネガティブな意味がのっています。 しかし会話では『すごい・すばらしい』のポジティブな意味でもつかわれます。

 

なぜ2方向の意味になるの?

« Terrible » は、物事の外見の様子を表しているようにとらえがちですが、そうではありません。物事の様子の『程度』を表してるということがポイント。

Terrible は『« terreur ♀恐怖 » を与えることができる』です。つまり「恐れを感じるヒドさ」にも「恐れを感じる素晴らしさ」にも使えるというわけ。

 

« C’est terrible »  など肯定文のとき 

この terrible は『ひどい』または『すばらしい』の意味です。どちらの意味なのかは会話の流れとイントネーションから判断します。

 

C’est terrible ce qui se passe là-bas. 「あそこで起きてることはひどすぎるよ」

C’est un gosse terrible.  「手に負えんガキだね」gosse terrible は、たいていネガティブで使われる。

Il sort avec une fille terrible !   「彼って超スゴイ女の子と付き合ってるんだ」 fille terrible は、たいていポジティブで使われる。

J ‘ai un travail terrible à faire.  「やらないとだめな仕事がすごいある」量がすごいという意味で使われる。

C’est un musicien terrible.  Il joue terrible!   「すごいミュージシャンだ!すっごい演奏するんだよ」「ひどいミュージシャン。聞くに耐えない演奏するな」どちらなのかは、話の流れや口調から判断。

 

« Ce n’est pas terrible / Pas terrible »  と否定文のとき

この terrible は『すばらしい』の意味です。なので「すばらしいってほどでもない」「たいしたことない」になり、真意は「わるい」方向にあります。

 

Pas terrible, ce film.   「この映画、あんまたいしたことないな」

Il était pas terrible, ce nouveau resto.  「この新しいレストラン、どったことなかったね」resto = restaurant

 

 C’est pas mal.  「なかなかいいね !」

直訳は「わるくはない」ですが、真意は『意外といい』のポジティブです。

日本人が「わるくはないね」と言うとき、真意はどっちかというと「わるい」だと思いますが、フランス人は逆です。

« C’est pas mal du tout » と強調して「ぜんぜんわるくないよ!」といったりもします。ここまでくればストレートに「けっこう良いよ!」と言えばいいのにと思ったりもします。

 

まとめ

« C’est pas terrible » は「たいしたことない」でネガティブな感想を、 « C’est pas mal » は「わるくない」でポジティブな感想をだす表現でした。

ぜひ会話でニュアンスを意識して使ってみてください!