j'aimeとj'aime bienのちがい

フランス語« J’aime/ J’aime bien » ニュアンスの違いは?

 

「〜が好きだ」という時 « J’aime bien » を頻繁につかいます。

« J’aime » と « J’aime bien » この2つ、微妙に聞こえてくるニュアンスが違うのです。

そしてこれが条件法になった文 « J’aimerais » « J’aimerais bien » もまた違います。

今回はその違いについてです。

 

スポンサーリンク

« J’aime » と « J’aime bien » のちがい

 

例えば、夫が妻に言います « Je t’aime »。 でも « Je t’aime bien » とは言いません。言ってもいいけど、ぜったい妻は怒ります。なぜか。

それは « J’aime bien » のほうが « J’aime » よりも、「好き」の程度が下がって聞こえるからです。

« J’aime » は「好きだ!」というのが強くでます。そこへ « bien » を入れると「 けっこう好きだな / まあ好きだね」というような「好き!」ってことにワンクッション置いた、熱の抑えられた感じがでます。

例をみてみましょ。

 

J’aime bien les romans policiers.    

推理小説けっこう好きだよ

J’aime bien les gâteaux au chocolat.     

チョコケーキはまあ好きだね

Moi,  j’aime bien Anaïs.

僕はけっこうアナイス好きだよ

『友達としてに好き』ときこえ、恋愛感は表面にでない。

 

Tu aimes le fromage?   -Oui, j’aime bien. /J’aime ça. / J’adore ça !

チーズすき?  -うん好きだよ / だ〜い好き!

一般的に好きかどうか聞かれた時は、この « J’aime ça » のように『ça』を使う。特定の「このチーズ」であった場合は « Je l’aime »

J’aime bien écrire des poèmes.    

詩を書くのはけっこう好きだよ

 

う〜ん、なんとなく感じがつかめましたか?

つぎは « J’aimerais » と « J’aimerais bien » のちがいです。

 

« J’aimerais » と « J’aimerais bien » のちがい

 

条件法になるとまた効果がちがいます。

« J’aimerais bien » のように« bien » がつくと、願望のつよさがアップしてきこえます

夢や希望を表現するときによく使い、「〜したいなあ!」という「自分の気持ちのつよさ」が前面にでるためです。

« J’aimerais » だけだと、願望を冷静にみてる感じがあります。希望を丁寧に言ってることにもなり、許可を求めるときにも使えます。

例をみてみましょ。

 

J’aimerais te rencontrer.    

きみに会いたいんだけど。

J’aimerais partir un peu plus tôt.     

ちょっと早めに出発したいんですが …

J’aimerais bien te rencontrer.    

きみにぜひ会いたいなあ!

J’aimerais bien savoir pourquoi il a fait ça.  

なんで彼がそんなことしたのか、ほんと知りたいわ。

J’aimerais bien être un chat.      

ネコでありたい …

 

まとめ

このように « bien » をいれるとニュアンスがはいります。

« J’aime bien » は « J’aime » よりも「好き!」な熱の度合いがゆるんできこえます。

« J’aimerais bien » は夢や希望をかたる時につかうように、「〜したい」の度合いに熱が入ってきこえます。

ぜひ意識して会話で使ってみてください。