グラスに入ったスペルト小麦ミルク

植物性ミルク【スペルト小麦ミルク】を飲んでみる。

 

みなさん、こんにちは。今回は植物性ミルク【スペルト小麦ミルク】です。

スペルト小麦は、現在主流である小麦の原種といわれ、北ヨーロッパで主に栽培されています。普通の小麦よりも栄養価が高いことや、人工的な改良がほとんど行われていない点で特に注目されています。

最近は従来の小麦粉のかわりにスペルト小麦粉で作ったことを売りとする、パンやパスタ・お菓子などもビオショップなどで見かけるようになりました。今回はそのスペルト小麦で作ったミルクについてです。

スポンサーリンク

【スペルト小麦】について。

「スペルト小麦」は、現在主流の小麦の原種・古代小麦といわれています。

普通の小麦よりも強く、化学肥料や農薬なしで育てることができ、かつ品種改良も殆どされていないので、安全で健康によい穀物ということで注目されています。

スペルト小麦は不溶性の食物繊維が豊富です。胃腸の機能を調節し満腹感を得られやすいこともあり、ダイエット中の人にとってはうれしい味方。

鉄、マグネシウム、りん、亜鉛などのミネラルやタンパク質も豊富で、特に血行促進作用のあるナイアシンが豊富です。

小麦アレルギーを発症しにくいともいわれている穀物ですが、グルテンフリーではないので小麦やグルテン摂取に問題のある人は、事前に医師のアドバイスを受けることは必要です。

【スペルト小麦ミルク】の特徴。

グラスに入ったスペルト小麦ミルク

スペルト小麦ミルク。はっきりしたベージュ色をしてます。

 

スペルト小麦ミルクは、基本スペルト小麦と水でつくられます。もともと麦自体に自然の甘みがあるため、砂糖は加えられていない場合が多いです。

牛乳とちがい、乳糖 (ラクトース) を含まず、飽和脂肪酸も少ないため、乳糖不耐性の人やコレステロール値が気になる人でも楽しみやすいミルクです。

ビタミンEDB、鉄・マグネシウムなどのミネラルが豊富。カルシウムはスペルト小麦自体が若干含有していますが、添加して強化されている製品が多いです。

注意1 スペルト小麦ミルクはグルテンを含みます。よってグルテンフリーを目的とする場合は、アーモンドミルクやライスミルクになります。
注意2 パッケージのラベルをしっかりチェックすることをお勧めします。これは他の植物ミルクにも言えることですが、メーカーによってミルクに添加してあるものは様々です。カルシウム、糖分、塩、植物油、香料などなど。思いの外カロリーが高かったということもあります。
以前買ったミルクには、ヒマワリ油が添加されていました。オーガニック製品だという変な思い込みで、ちゃんとラベルを見ずに買ったのが間違い。添加されている油が少量であるにしろ、植物性ミルクでまで油を過剰に摂りたくなかったので、それ以後はラベルを絶対にチェックするようにしています。

【スペルト小麦ミルク】の味は?

スペルト小麦ミルク

《Épeautre》はスペルト小麦のフランス語。
(
ちなみに《Petit Épeautre》というのがありますが、これはヒトツブコムギのことで別物です)

 

無調整豆乳ほどクセが強くないため飲みやすく、でもライスミルクよりもずっと穀物の風味がはっきりしています。ほんのり自然の甘さも感じられ、飲みごたえのある植物性ミルクです。

 

さいごに

スペルト小麦自体が「通常の小麦の代替に」という視点での製品が多いため、植物性ミルクの中ではちょっと影が薄いミルク。ですが、風味がしっかりして飲みごたえのあるミルクなので、植物性ミルク生活のスタイルをとる人たちにはもちろん、いつもの牛乳のかわりにちょっと別のが飲みたい、という人にも楽しめるミルクだと思います。

関連記事

  みなさん、こんにちは。ここ数年、牛乳のかわりにと植物性ミルクが注目を集めています。 豆乳はもとより、ライスミルク、アーモンドミルク、オートミルクなど種類もたくさん。 アーモンドミルクは豆乳を水で薄めたような味ですが、豆乳[…]

牛乳とアーモンドミルクの色を比較
関連記事

  オーガニックショップの必須アイテムとも言える植物性ミルク。そのブームはまだまだ続いているようです。 植物性ミルクは、正確にはミルクではなくジュースです。豆乳・アーモンド・ライス・ヘーゼルナッツ・オートミルクなど種類もたくさ[…]