週末の朝はゆっくりすごす。

インドア女の毎朝 /目覚めとストレッチ/ シャワーと香水/ 朝食と新聞と静けさ

みなさん、こんにちは。

今日のテーマは『朝』

 

若いころは毎朝、遅刻ギリギリまで寝ていて、朝という時間を味わう余裕はありません。

それが歳を重ねるにつれ、少しづつ「朝」との接し方が変わってきます。

今日は私の『毎朝』を紹介します。

人それぞれ条件が異なるので、人のルーチンが自分にも合うというわけではありません。

ですが、自分の日常に新しい風を入れてみたい人、朝の過ごし方を模索中の人は、どうぞ目を通してみてください。

自分だけの素敵な朝ルーチンを見つけるアイデアになれば嬉しいです。

スポンサーリンク

毎朝すること。

朝は一日の始まり。

朝をどんな気分で過ごすかで、その日の雲行きがほぼ決まります。

だから、自分を最良の状態にもっていく「朝ルーチン」は大切なのです。

 

私の毎朝の基本は『目覚め + シャワー + 朝食』

週末だけ「シャワー」と「朝食」の順番を入れ替えます。

 

この基本骨格に、いろいろ肉付けをします。

目覚めの後に思考ノートを書いたり、朝食前に運動したり、シャワー後に瞑想したり。

 

親友ソニアに触発されて、朝ジョギングなど色々と試しましたが、

結局自分にあったスタイルが長く残ります。

今日はここ10年変わらず続いている、シンプルなルーチンを紹介します。

その1「自然光での目覚めとストレッチ」

朝は自然光で目覚めるのが好き。

朝の心地よい目覚めに「自然光」は欠かせません。

部屋の鎧戸を締め切った真っ暗な部屋で寝ることはなく、

朝は部屋のどこかに自然光が差し込んでくる状態。

それはまだ、夜が明けてない冬の朝でも同じ。

外から入ってくる灯を目で感じるのが好きです。

私にとって、朝一の部屋の蛍光灯ほど、不快なものはありません。

 

目覚ましを止めた後は、足首をクルクル回したり、腿を伸ばしたり。

ベットに横になった状態でできるストレッチを数分間やります。

朝は寝覚めが良い方ではなく、ハードなストレッチは私には向いていないので、これで十分。

グ~と身体を伸ばして、ああ気持ちいい… と思うのが大切。

その2「朝シャワーと香水」

香水は空中に吹いてその中をくぐる。

朝シャワーはクセになります。

ベットから抜け出すと、そのまま向かうのがシャワー室。

頭から熱いシャワーを浴びると、次第に心身スッキリしてきます。

シャワーは「さあ今日も1日を始めるよ!」という気持ちの切り替え効果大。

 

そして一番好きな瞬間は、シャワー後のサラサラの身体にまとう、ひと吹きの香水。

香水を空中にシュッとひと吹きして、その霧の中をくぐり、それから服を着ます。

身体のどこに香水がついたのかよく分からない程度ですが、これで十分。

肌に直接吹きかけるよりも、ずっと上品に香らせることができます。

 

その3「朝食と新聞と静けさ」

朝は活字媒体でニュースを知る。

台所に下りてくると、まずはコップ1杯の水を飲みます。

飲みにくい時は、レモンを少ししぼると飲みやすくなります。

そしてコーヒーを入れながら、甘いパンをつまみ、新聞やネットニュースを読みます。

情報入手は文字媒体で。

私は朝イチのラジオやテレビの音が大の苦手。

爽やか系のクラシック音楽でさえも朝はダメ。

「朝の静けさ」は私にはとても大切です。

ラジオ大好きな家人よりもずっと前に起床して、ひとり静かなひとときを持つようにしています。

その4「今朝も気持ち良いで1日を始める」

絶対にさけるようにしているのが、

朝イチでのネガティブ思考。

起きたとたん、昨日の嫌なことを回想したり、朝から誰かにイラついたり、悪天候にため息をついたり…

1日をこんな気分で始めると、その日はその状態で終わります。

 

朝は自分が心地い良いと思うこと、元気が出ることに集中します。

熱いシャワー、ジョギング、庭で飲むコーヒー、雨の音…

それがその人のルーチンになります。

その5「週末の贅沢。朝食後にシャワー」

週末だけ、朝食後にシャワーを浴びます。

家の人とゆっくり朝食をとるためです。

普段はそれぞれのペースで朝から活動しますが、週末は一緒にテーブルを囲む時間を大切にします。

寝起きの頭でコーヒーを入れ、その香ばしい匂いに徐々に頭が冴えてくる。

 

急がなくていい。

ちょっとした贅沢が週末にはあります。

ボンヤリした頭で「今日なにする?」そんな会話で朝を始める日があってもいい。

「まず市場へ買い物に行こう」

ゆっくり朝食をとったら、シャワーを浴びて身支度をします。

そして1日を開始します。

週末の朝はゆっくりすごす。

有名な人の朝活が紹介されている記事をよく目にします。当たり前だけど、同じ事やったらその人のようになるという意味ではありません。

彼らは、その日を最高の状態で過ごすことができる、自分に合った朝活スタイルを見出せているという事。彼らのルーチン内容よりも、それをルーチンとして採用するに至った理由を知る方が興味深いです。

大切なのは「自分の元気がでる、心地よいことを朝ルーチンにする」だと私は思っています。

週末の朝はゆっくりすごす。
最新情報をチェック