本作品は勝手にしやがれ『小さな兵隊』につづく、ゴダールの3作目の映画。

『勝手にしやがれ』はクラシック要素が残っていて鑑賞しやすいですが、この作品ではゴダール節がかなり表面化してきます。

訛りのあるフランス語をはなすアンナ・カリーナと、ベルモンドブリアリの3人が繰り広げるゴダールお得意、カップル愛のストーリー。

『女は女である』

原題 « Une femme est une femme »
監督  ジャン -リュック・ゴダール
音楽  ミッシェル・ルグラン

出演  ジャン-クロード・ブリアリ
    アンナ・カリーナ
    ジャン-ポール・ベルモンド

公開年   1961年
上映時間  84分
ジャンル  コメディ・ロマンス
スポンサーリンク

あらすじ

パリでストリップの仕事をしているアンジェラ (アンナ・カリーナ)。彼女は子供が欲しくなり、同棲相手エミール (ジャン-クロード・ブリアリ) に話すが、彼はまったくその気がない。それより自分の自転車のほうが大事なようす。

そこで彼らの親友アルフレッド (ベルモンド)に頼んで、アンジェラとの子供をつくってもらう話になる。

実はアルフレッドは、アンジェラに気があった。そんなアルフレッドの傍ら、彼女はやっぱりエミールを愛していると思い至る。そこでアンジェラは「ついにアルフレッドと寝た」とエミールに言う。それを聞いてあせったエミールは…

感想

ゴダールの作品って不思議で、ポジティブにもネガティブにも両極端に感想が書ける。要は彼のスタイルが「斬新で新鮮」と思うか、または「ムチャクチャ」と思うかだと思います。

以前も感想に書きましたが、彼の作品はいつも見終わったあと「つまらない」と思うんです。この作品もそう。基本的にテンポもストーリーもゆるいので、最初の15分くらいで観るのやめようかと何度も思うくらい。でも何だかんだとズルズルと見てしまうのがゴダール。

さてこの作品も例にもれず、冒頭の音楽の音量が大きすぎてイライラします。俳優の会話なんて聞こえない。せっかくのルグランの音楽も、切ったり再生したりの繰り返しがひつこい。ゴダール流のメッセージを強調する方法なんだとは思いますが、観客の神経を逆なですることが目的なんじゃないかと疑ってしまいます。それくらい行き過ぎ。

アンナ・カリーナブリアリのアパート内シーンもダラダラと長すぎ。お互い口きかないと決めてからは、本のタイトルを見せ合ってケナし合う。文学の引用、人物の顔に色フィルターをのせる、作品にテーマ色をつくる、人物がカメラに向かってしゃべる。

ゴダールのテッパン技がちらほら見受けられますが、全体に中途半端なので『気狂いピエロ』のテスト版みたいな出来ぐあい。その点からみると『ピエロ』の完成度はかなり高いです。

 

会話はコジャレたものが随所にちりばめてあります。ジャンヌ・モローをチョイ出演させて、彼女が撮影中だったトリュフォー映画 « Jules et Jim » ( 突然炎のごとく) にふれたり、自分の作品『勝手にしやがれ』をひっぱってきてベルモンドにしゃべらせたり。ちゃんと宣伝してます。

ギャグも古くさいですが、一応はいってます。 ほり投げた卵がフライパンに落ちてくるまでに玄関まで往復するとか…

ちなみに、一番最後のカリーナとブリアリのセリフは言葉あそびです。

 

« Tu es infâme ! » (君は最低なヤツだ!)

« Non je suis une femme » (いや、私は女性よ) 。

 

カリーナはブリアリが “女性” を「un femme アンファム」と言ったと思い、「une femme ユヌファム」だと文法的に訂正するのです。

でももしかしたら、カリーナは「 infâme アンファム・最低なヤツ」の方の意味だとちゃんと理解してたのかもしれませんね…

作品タイトル『女は女である』はここから来てるのかなと思います。「une femme 女」は「un femme」でも「infâme」 でもなくて 「une femme」だってことで。

ストーリーはあまり練られてないし、おまけに尻切れトンボ感のある結末。ですが俳優3人がとっても素晴らしい演技で、作品をうまく支えてます。ゴダールって舌ったらずな子供っぽい女性がスキなようですね。

『気狂いピエロ』は「これでもかっ!」てぐらい教養がひけらかされるけど、この作品はゆる〜く鑑賞できるので、ある意味かんじの良い作品でした。