フランス語・基本の前置詞【 À と DE 】の使い方

 

今日のフラ語は前置詞【ÀDE】についてです。

 

みなさん、こんにちは。

とにかくよく使う基本の前置詞「À」と「DE」。

フランス語に慣れてくると何となくの記憶と経験で使うものの、どちらを使えばいいのかな… とつい迷ってしまう、簡単なようで手強い前置詞でもあります。

 

今回はこの2つの前置詞にどのような働きがあるのか、ちょっとじっくり見てみようと思います。

けっこうなボリュームなので、休み休みごらんください♪

 

スポンサーリンク

ÀDE+ 名詞

① 『場所』について使う。

 

まずは「名詞」とともに前置詞をつかう場合から。

 

「場所」について使うとき、

À所在地・目的地をさすために、

DE出所・起源を表すために使います。

 

前置詞 À・DE は、定冠詞 LE・LES とくっつくと形を変えます。
à + le = au / à + les = aux
de + le = du / de + les = des

【À】所在・目的地

>Je suis à l’école.
学校にいるよ。

On est allés au restaurant.
(à+le) レストランに行ったんだ。

Il est parti à Paris.
彼パリに出発したよ。

Elle part aux Etats-Unis.
(à+les) 彼女アメリカへ出発するんだ。

 女性国名/母音で始まる国名の場合は前置詞「EN」を使います。
en France/ en Irak…

 

【DE】出所・起源

Elle vient de Paris.
彼女はパリ出身だよ。

Il arrive du Japon.
(de+le) 彼は日本から到着する。

Il revient des Etats-Unis.
(de+les) 彼はアメリカから戻ってくる。

女性国名/母音で始まる国名の場合は 定冠詞はつけず「DE」だけ です。
ex) Il vient de France.

 

② 『所有』の意味で使う。

 

「所有」の意味で使う前置詞は「de」のほかに、「à」もよく使われます。

【À】所有

「à」でも所有を表せます。

 

ÉTRE + À + 人名/人称代名詞の強勢形

名詞 + À + 人称代名詞の強勢形

人称代名詞の強勢形 
moi/ toi/ lui/ elle/ nous/ vous/ eux/ elles

 

Cette maison est à mon père.
この家は父親のだ。

 

C’est un ami à moi.
私の友達だよ。

✔︎ C’est un de mes amis.と同意。
✖︎ un ami de moi とは言わない。

 

(C’est) À qui le tour? – À moi.
だれの番?ぼくだよ。

Ce = le tour ととる。

 

【DE】所有

La voiture de mon père est en panne.
父親の車は故障している。

✖︎ la voiture à mon père とは言わない。

 

C’est un ami de Julien.
ジュリアンの友達だよ。

✖︎ un ami à Julien とは言わない。

 

C’est le tour de qui ? – C’est mon tour.
だれの番?私だよ。

✖︎ le tour de moi とは言わない。

 

③ 『時間』を表す場合に。

「à」〜に

「de〜à〜」〜から〜まで

 

Le magasin est ouvert de 10h à 18h.
お店は10時から18時まで開いている。

On part à midi.
正午に出発するよ。

Je me lève à 6 heures.
 私は6時に起きる。

 

④ 値段を言う場合に。

これは à de も同じ意味で使えます。

J’ai acheté un sac à 1 000 euros.
1000ユーロのカバン買ったよ。

 

Il a un stylo de 50 euros.
彼は50ユーロのボールペンを持っている。

 

⑤ 「使用目的と中身」の表現に。

この用法もよく使います。

àde で言ってることが変わるのに注目。

【À】で目的

une tasse à café
コーヒーカップ

un verre à vin
ワイングラス

un couteau à pain
パン切り包丁

 

【DE】で中身

une tasse de café
一杯のカフェ
カップはコーヒーで満たされている状態。

un verre de vin rouge
一杯の赤ワイン
グラスはワインで満たされている状態。

 

⑥ 食べ物の「風味と素材」の表現に。

【À】で風味

料理の風味や味を表せます。

une tarte aux pommes 
(à+les) リンゴタルト  

un pain au chocolat
(à+le)パンオショコラ

une glace à la pistache
ピスタチオ味アイス

un yaourt à la vanille
バニラ味ヨーグルト

 

【DE】で素材

その素材できた一品を表せます。

une salade de fruits 
フルーツサラダ

une confiture de fraises
イチゴジャム

un pain de seigle
ライ麦パン

 

スポンサーリンク

動詞 +【À・DE】

 

つぎに「動詞」とともに前置詞をつかう場合です。

 

前置詞【À・DE】とともに覚える必要のある動詞はたくさんあります。

今回は基本の動詞でよく使い、こんがらがり易い例をいくつかあげておきます。

 

Je parle à ma mère.
母親に話す。
parler à ~に話す

 

Je parle de ma mère.
母親について話している。
parler de ~について話す

 

À quoi tu penses?
何について考えてんの?
penser à ~のことを考える

 

Qu’est-ce que tu penses de cette robe ?
このワンピースどう思う?
pense
de ~について意見を持つ。

 

Elle rêve au prince charmant toute la journée.
彼女は一日中、白馬の王子さまを想っている。
rêver à ~を夢みる/夢想する

 

J’ai rêvé de toi.
君の夢をみたよ。
rêver de ~の夢を見る

 

形容詞 +【À・DE】

 

最後に「形容詞」とともに前置詞をつかう場合です。

「〜するのは難しい」「〜しやすい」などを表現するときは【à/de】を形容詞につけて使います。

とくに次の形容詞と一緒に使うことが多いです。

facile, difficile, simple, compliqué, intéressant, amusant, agréable, important…

 

ポイントは「人称のある主語」の場合は à 、「非人称の仮主語」の場合は de を使います。

 

Ce livre est difficile à lire.
この本は読みづらいなあ。

ce livre が主語。
un livre difficile à lire = 読むのが難しい本

 

Il est difficile de lire ce livre.
この本を読むのは難しいよ。

IL 非人称主語の内容は de 以下「この本を読むこと」

 

Ta recette de la cuisine est très facile à faire.
君のレシピはとても作り易いね。

ta recette de la cuisine が主語。
une recette facile à faire = 作り易いレシピ

 

Il est intéressant d’apprendre une langue étrangère.
外国語を学ぶのは楽しいね。

非人称主語の内容は de 以下「外国語を学ぶこと」

このテーマについてもう少し知りたい方は、こちらのランス語で「 〜しやすい・しにくい」C’est facile à/de ? Il est difficile à/de ?】にてくわしく解説しています。

 

おわりに

前置詞【À・DE】についての基本の使い方と、頭の片隅に入れておきたい特徴的な働きを見てみました。

どれも大切ですが、「所有」の意味でつかう項目と、一番最後の「形容詞とともに使う À と DE の使い分け」の項目は、よく使う上にゴッチャになり易いテーマなので、しっかり理解しておくことをおすすめします。

前置詞を要求する「動詞」については、決められた組み合わせを暗記していくしかないので、少しずつ覚えていけばよいと思います。

それではまた次回♪