フランス語Nousの代わりにOn

フランス語・主語でつかう代名詞【On】の使い方と役割

 

フランス語の日常会話では「On」という代名詞を主語によく使います。

今回はこの「On」の働きと使い方について、例文とともに見ていきます。

スポンサーリンク

代名詞【ON】3つの役割

 

① この「On」には大きく分けて2つの役割があります。

1つ目は、不定代名詞として「不特定の人」をさす使い方。
2つ目は、人称代名詞として「私たち = Nous」の代わりにする使い方。

 

②「On」は IL と同じく « 3人称単数 » あつかいです

« et/ ou/ où/ que/ qui/ si » の後では、発音を潤滑にするために « lon » を使うことがあります。

 

それではもう少し詳しくみてみましょ。

 

不定代名詞【ON=不特定の人】

この場合の On は、不特定の人みんな・人々・人」「誰か」を表します。

 

On parle fort ici.

ここではみんな大きな声でしゃべるからね。

En France, on dîne à 20h.

フランスでは、8時に夕食だよ。

On fait ce quon peux.

みんな、自分ができることをするんだ。

On ma volé mon sac.

カバン盗まれたよ。(on=誰か/ 誰かがカバンを盗んだ)

On te cherche.

誰かが君をさがしてるよ。(on = 誰か)

 

人称代名詞【On=私たち】

・会話ではNous」の代わりに「Onを頻繁に使用します。

・くだけた用法なので、きっちりした文書では「Nous」を使用します。

・動詞が「être」の場合、主語 On の指す内容を明確にするために、形容詞/ 過去分詞を、主語の性数に一致させます。

 

Quest ce quon mange ce soir ?

今夜は何たべる? (on=私たち)

Toi, tu restes à la maison et nous, on va au cinéma.

君は家でお留守番、ぼくたちは映画に行ってくる。(on = 私たち)

On na pas vu le temps passer !

時間が経つの早かったねえ。(私たちは時間が過ぎるのを見なかった)

On taime beaucoup.

私たち、あなたのこと好きよ。(on = 私も含めたみんな)

Avec Anaïs, on est allées au restaurant.

アナイスと一緒に、私たちレストランに行ったよ。  (On = 私(たち)♀とアナイス)(過去分詞は主語の真意に性数一致)

Tu ne crois pas quon soit perdus ?

僕たち、道に迷ってると思わない?(on = 私たち) (過去分詞が主語の真意に性数一致)

On est tous égaux.

僕たちみんな平等さ。(on = 自分を含めたみんな)  (平等な égal(e)/égaux pl.)

 

おわりに

くだけた日常会話では「Nous」でなく「On」を主に使います。

もちろん「Nous」を日常会話で使っても構いません。あまりにみんな On を使うため、たまに Nous を使っている人に出会うと「あ、言葉に気を使ってしゃべる人なんだな」という新鮮な印象を受けるくらいです。

ですが On Nous にくらべ、動詞の活用がラクという利点があります。

会話において、「Nous」の活用でつまって喋れなくなってしまうことがあるなら、「On」をどんどん積極的に使ってコミュニケーションを広げていくのも楽しいものです。