フラ語【補語代名詞】の置き位置と順番

みなさん、こんにちは。

今日のフラ語は【補語代名詞】の「位置」と「順番」についてです。

補語代名詞は、名詞の反復を防いで文をスマートにできるので、積極的に使いたいアイテムです。

でも代名詞の文中での置き場所や、代名詞が複数ある時の並べる順番やらに思わず悩んでしまい、ついつい代名詞を避けてしまったりもします。

せっかく代名詞を知っているのに使えないのは勿体ないので、スムーズに使えるようになるべく、今日はその「補語代名詞の語順と置き場所」について、まとめてみました。

それではどうぞ、ごらんください♪

スポンサーリンク

フラ語【補語代名詞】の位置

補語代名詞の置き場所についてです。

補語代名詞は、それに関係する「動詞の前」に置きます。

文に「動詞が1つだけ」の場合

補語代名詞は、動詞の前に置きます。

否定文でも置く場所は変わりません。

Je téléphone à mes parents.
→Je leur téléphone.
→Je ne leur téléphone pas. 

J’ai lu ce livre.
→Je l’ai lu.
→Je ne l’ai pas lu.

Je vais au bibliothèque.
→J’y vais.
→Je n’y vais pas.

 

「命令文」の場合

「肯定の命令文」では、補語代名詞は動詞の後に置きます。

「否定の命令文」では、補語代名詞は普通文の場所に戻ります。

Écoute-moi !
→Ne m’écoute pas !

Penses-y !
→N’y pense pas !

Laisse-moi parler !
→Ne me laisse pas parler !

 

代名詞が「不定詞」の補語の場合

代名詞が不定詞の補語の場合、その不定詞の前に置きます。

Je vais parler à mon fils.
→Je vais lui parler. 

息子に話しておきます。

Je sais faire la cuisine.
→Je sais la faire. 

私、料理できるんです。

Je préfère ne pas lui parler de ça.
→Je préfère ne pas lui en parler.

それについて彼には話さないでいたい。

 ちょっと注意!

使役動詞の laisser/faire の文では、代名詞は使役動詞の前に置きます。

Il a fait rire sa mère. 
→ Il l’a fait rire.
彼は母親を笑わせた。

知覚動詞 écouter/ entendre/ regarder/ sentir/ voir... の場合も、代名詞を知覚動詞の前に置きます。

J’ai vu ma mère chanter.
→ je l’ai vue chanter.
私は母が歌ってるのを見た。

つまり、基本的に補語代名詞は、関係する「動詞の直前」に置きます。

ただし「知覚動詞」と「使役動詞」と「肯定命令文」のときには、ルールが崩れるので注意が必要です。

 

以上が、補語代名詞の « 位置 » でした。

つぎは、補語代名詞が複数あるときの « 順番 » についてです。

スポンサーリンク

フラ語【補語代名詞】の順番

補語代名詞が複数あるときの語順は、普通文用と命令文用の2パターンがあります。

まずは「普通文」つぎに「命令文」の順でみます。

「普通文」での補語代名詞の順番

普通文での補語代名詞は、つぎの順番で並びます。

肯定文も否定文も同じ順番です。

主語 me
te
se
nous
vous
le
la
les
lui
leur
y en 動詞

例文を少しどうぞ。

Ta voiture, tu peux me la prêter demain ?

明日、君の車貸してくれる?

Ma mère aime les rose. Je vais lui en offrir pour son anniversaire.

母さんバラが好きだから、誕生日に贈ってあげよう。

Il t’a parlé de son problème ?
– Non, il ne m’en a pas parlé.

彼、抱えてる問題を君に話した?
– いや、話してないよ。

Tu pourrais ouvrir les huitres ?
– Pas de problème, je m’en occupe. 

牡蠣を開けてくれる?
いいよ、まかせて。

 ちょっと注意!

上の表の「①+③」「③+④」の組み合わせになることは、ありません。

「Y+EN」も « Il y en a… » 以外では、ありえません。

 Il m’a présenté à son patron.
→ Il m’a présenté à lui.
(✖︎ Il me lui a présenté.)

 

「命令文」での補語代名詞の順番

「肯定の命令文」での補語代名詞は、つぎの順番で並びます。

動詞 le
la
les
moi (m’)
toi (t’)
nous
vous
lui
leur
y en
 ちょっと注意!

moi, toi は y, en の前では « m’» « t’» になります。 
否定の命令文では、補語代名詞の語順は普通文の語順に戻ります。

Vas-y ! → N’y va pas !

Dis-le-lui ! → Ne le lui dis pas !

Occupe-t’en ! → Ne t’en occupe pas !

命令文の詳しくはこちらの記事でどうぞ。

関連記事

みなさん、こんにちは。 今日はフラ語の【命令形】の作り方です。   「命令形」と聞くと、あんまり使わないだろうなと思いがちですが、命令だけでなく助言やお願いにもなり、実は日常でよく使うモードでもあります。 それでは今日は少[…]

 

おわりに

補語代名詞をつかった文が、サラッと口から出るようになるのが夢です。カッコいいから。間違ってもいいから、とにかく使って口を慣らさないとと思うのですが、実際の会話になると焦ってしまい、代名詞は端折っちゃうことも度々あります。

細かい情報がいっぱいあるテーマで、拾い損ねているポイントも沢山あると思います。またひらめき次第、情報は追加していきたいと思います。

それではまた次回♪