チーズシャウルスの断面

白ワインが欲しくなるチーズ【シャウルス】Chaource を食べてみる。

 

高さのある円柱形で中身は真っ白でフカフカの、ウシのミルクからできている白カビチーズ『シャウルス』。軽い酸味と塩気がアペリティフにはもってこいです。ほのかにキノコの香りがします。

 

スポンサーリンク

生産地と歴史

 

シャンパーニュ地方とブルゴーニュ地方にまたがって作られています。このチーズらしき物が14世紀の記録に残っていて、マルグリット・ド・ブルゴーニュの食卓にすでに上っていたとのこと。その後、主に酪農家の自家用につくられていたのが、19世紀にはシャウルスの名前で市場にでまわります。

 

ミルクはウシの生乳

 

ウシの生全脂肪乳からつくられます。高さは6センチくらい、直径は8と11センチのサイズがあります。よく見るのは8センチのほう。半分に切った状態でも売られています。よく店でみかける (この写真↑のような) 熟成の若めのシャウルスで、脂肪分は24パーセントくらい。

 

さて味は?

 

見た目がけっこうクリーミーなので、まったり重めの口当たりを想像したのですが、すごく口当たりは軽いです。皮の下はトロッとしてますが、中の方は固めのムースみたいで、ムシャッ〜と口の中で溶けます。ちょっと不思議な舌ざわり。

一般的には「軽い酸味と軽い塩気」が感じられるようですが、塩気を感じるチーズが苦手な私には、ちょっとだけ気になりました。塩辛いわけではないのですが、ワインが欲しくなりました。

ちなみにこのチーズ、キノコ臭がするというのですが、たしかに生マッシュルーム臭がします。ブリヤ・サヴァランみたいな顔してるから、このチーズも個性ユルイんだろうな …と思ってたらドッコイ。控えめながらもしっかり主張する、繊細な個性のあるチーズでした。

かるい塩気がアペリティフにも向いてるし、夏の庭で冷えた白ワインと一緒にツマんだら、すごく美味しそうなチーズです。