草花の香りが口の中に広がる、フランスの牛チーズ【サレール】

 

『カンタル』というフランス超庶民的チーズの格上チーズ《サレール》

これがほんと美味しい。よくあるチーズって感じのカンタルよりも、牛ミルク臭が少なく、ふんわり口の中に果実のような花のような香りが広がる、とても繊細な風味のチーズです。

 

スポンサーリンク

サレールの生産地ってどこ?

白く囲ったあたりが生産地です。

オーベルニュ地方カンタル県のチーズ。フランスで最も古くから作られているチーズの1つでもあります。

サレールの牛の生・全脂肪乳から牧場自家製で作られます。

季節物のチーズで、ウシたちが新鮮な牧草を食べれる間の、4月15日から11月15日までしか生産されません。最低熟成期間は3ヶ月。このチーズまるまる1個の重さは、45キロちかくで400リットルのミルクが必要だそう!

ちなみに、それ以外の季節に搾取されたミルクからつくれるのが、カンタルです。

 

味は?

外側の皮は結構分厚くて、ボロボロとした感じ。

写真のスプーンはスープ用サイズ。でかいチーズです。

生地の見た目と食感は、兄弟チーズのカンタルと似ています。セミハード

味は、いかにもチーズ!という古臭い味の(むかし食べたプロセスチーズに近い)カンタルよりも、もっともっと繊細な風味。

牛乳臭さがドンと減って花や草の穏やかな香りが食べると口の中でいっぱい感じられます。この香りがこのチーズを食べる醍醐味。

塩気は若干キツめに感じられるかも。

このチーズは日が経ちすぎると、舌を刺すピリピリした風味が出て来てしまうので注意です。これが出てくると、本来の味を味わえなくなって、ものすんごくガッカリします。大事にチョビチョビ食べるより、美味しいうちにサッサと食べてしまうほうがいいです。

カンタルの味にあまり興味のない人も、サレールは是非味わってみて欲しいチーズです。