フランス語の形容詞「あたらしい」【 neuf/ nouveau】 ヌフとヌーヴォーのちがい

「あたらしい」と言いたいときに « neuf » « nouveau »  どっち?と迷います。

日本語では「あたらしい」一語でささっと表現できるのに、フランス語では使い分けないといけないなんて、なんとややこしい!

今回は « nouveau » と « neuf » の違いについてです。ご心配なく、カンタンですよ〜!

スポンサーリンク

形容詞【neuf(s)♂ neuve(s)♀】について

反対は « vieux »

形容する名詞のあとにつきます。もし名詞のまえに « neuf » があったらそれは『9』です。

« Neuf » は今まで一回も使われたことがない『新品まっさら未使用』をあらわします。

 

un pantalon neuf  「新品のズボン」 古着でなくまっさらのズボン。

une robe neuve   「新品のワンピース」 古着でなくまっさらのワンピース。

un appartement neuf 「新築のアパート」中古でなく建てられたばかりのアパート。

 

そして『新品まっさら未使用』以外の意味での『あたらしい』は « nouveau » をつかいます。

形容詞【nouveau(x)】【nouvel(s)♂ nouvelle(s)♀】について

反対は « ancien »

« nouveau » はほとんど名詞のまえにおきます。

 

le nouvel an     新年

un nouveau professeur    新任の先生

une nouvelle copine     新しい彼女

un nouvel élève      新入生

un nouveau modèle      ニューモデル

un nouveau virus      新ウイルス

un nouveau livre     新刊本 (例) 〇〇氏のあたらしい本

un nouveau style     新スタイル

un nouveau gouvernement    新政権

 

ちなみに « une nouvelle voiture » と « une voiture nouvelle » のちがいについては« Nouveau » って名詞の「まえ / あと」でどう意味がちがう?で解説しています。

まとめ

Elle n’est pas neuve, ma nouvelle voiture.

「私のあたらしい車、新車じゃないの」 つまり中古車ってことですね。

Il est quasiment neuf,  mon nouvel iPhone !

「私のあたらしい iPhone、ほとんど新品なの」 中古で買ったけどほとんど使われてなくて新品同然。 quasiment [ka.zi.m̃ɑ] 副詞 = presque「ほとんど」

 

「新品まっさら」なら « Neuf » を、それ以外の「あたらしい」の意味なら « Nouveau » をつかいます。

 以上 « nouveau » と « neuf » のちがいでした。