フランス語の形容詞「あたらしい」【 neuf/ nouveau】 ヌフとヌーヴォーのちがい

 

フラ語で「あたらしい」と言いたいときに « neuf » « nouveau »  どっち?

と思わず迷ってしまいます。

日本語では「あたらしい」一語でささっと表現できるのに… 。

今回は « nouveau » と « neuf » の違いについてみてみようと思います。

それではどうぞ、ごらんください♪

 

スポンサーリンク

形容詞【neuf(s)♂ neuve(s)♀】について

 

反対は « vieux »

 

形容する名詞のあとにつきます。

(もし名詞のまえに « neuf » があったらそれは『9』です。)

 

« Neuf » は今まで一回も使われたことがない『新品まっさら未使用』をあらわします。

 

un pantalon neuf 

「新品のズボン」
古着でなくまっさらのズボン。

 

une robe neuve  

「新品のワンピース」
古着でなくまっさらのワンピース。

 

un appartement neuf

「新築のアパート」
中古でなく建てられたばかりのアパート。

 

そして『新品まっさら未使用』以外の意味での『あたらしい』は « nouveau » をつかいます。

 

形容詞【nouveau(x) / nouvel(s)♂ nouvelle(s)♀】について

 

反対は « ancien »

« nouveau » はほとんど名詞のまえにおきます。

 

le nouvel an     新年

un nouveau professeur    新任の先生

une nouvelle copine     新しい彼女

un nouvel élève      新入生

un nouveau modèle      ニューモデル

un nouveau gouvernement    新政権

 

 

ちなみに « une nouvelle voiture » と « une voiture nouvelle » のちがいについては、

「« Nouveau » って名詞の「まえ/あと」でどう意味がちがう?で解説しています。

 

まとめ

さいごに、まとめとして例文を2つ。

 

Elle n’est pas neuve, ma nouvelle voiture.

「私のあたらしい車、新車じゃないの」
つまり中古車ってことですね。

 

Il est quasiment neuf,  mon nouvel iPhone !

「私のあたらしい iPhone、ほとんど新品なの」
中古で買ったけどほとんど使われてなくて新品同然。 

quasiment [ka.zi.m̃ɑ] 副詞 = presque「ほとんど」

 

 

つまり、

「新品まっさら」なら « Neuf » 

それ以外の「新しい」なら « Nouveau »

をつかいます。

 

 以上 « nouveau » と « neuf » のちがいでした。

それではまた次回♪