日本語の意味と違うフランス語 「マッチョ」と「キッチュ」

日本語での意味と同じように使って、ビックリ失敗!なフランス語があります。

それが「マッチョ」「キッチュ」

フランス語でもけっこう聞く表現ですが、どちらかというとネガティブな言葉なので注意が必要です。

 

スポンサーリンク

フランス語でのマッチョ « macho » って?

日本語では、筋肉ムキムキ、男らしい、たくましい男性を表現するのに使うことが多い「マッチョ」。

フランス語では、女性に対して支配的・優勢的な態度を示す男性を表します。

たとえば、いつも妻をヘトヘトになるまでコキ使って命令しまくる夫に、「〇〇ちゃんとこのダンナさんてマッチョだよね…」という感じ。

「マッチョ」表現を適用するか否か、またどの程度で適用となるかは、会話してる相手や状況によって様々。でも男性優位主義ニュアンスを出すための表現なので、取り扱い注意です。

まちがっても、ガタイのしっかりした男性に「マッチョだね〜」とは言わないように。

 

フランス語でのキッチュ « kitsch » って?

日本語では「チープ感を上手くオシャレに使ってる」「ポップな色使いがカワイイ」のポジティブ方向で使うと思います。

フランス語ではどちらかというと逆。本来は「物や作品が、下品で粗悪で趣味が悪い」という意味。

そこから、時代を感じさせて・安っぽく下品で・趣味のあんま良くない物やスタイルが過剰な状態を表します。

高級ブランドのカラフルなネックレスをもらって「とてもキッチュだわ〜」とは言わないように。

 

おわりに

以上、日本語と意味が違ってビックリなフランス語でした。

「キッチュ」に関しては日本語のように  “レトロでちゃちっぽく奇抜な物を、上手く組み合わせてオシャレなスタイルに作り上げてる” 状態に対して使う人も出てきているようにも感じます。が本来の意味は、下品ってこと。マッチョとキッチュにはご用心。