フランス語で天候を表現する

基本フランス語【天気・天候】を表現するフレーズ。

みなさん、こんにちは。今日はフランス語で【天気・天候】に関する表現です。

フランス語の勉強を始めて早い段階でならう「天気の表現」ですが、思いの外いろいろと表現の仕方があります。

それでは、ちょっとみてみましょ。

スポンサーリンク

【天気・天候】の表現

表現するときは、主につぎの3つを使います。

Il fait    (このILは非人称)
Il y a  (このILも非人称)
Cest

単語によって使う型が決まってくるので、すこしずつ覚えていきます。

 【天気】を表現する。

今日の天気は?

 Quel temps fait-il, aujourdhui ?

晴れのとき

Il fait beau.  

Il y a du soleil.   (日が照ってる状態)

Le temps est ensoleillé.  (このTempsは天気の意味。ensoleillé: 日の当たる)

Le ciel est dégagé.   (空に雲ひとつない状態。dégagé: 物がスッキリ取り除かれた)

曇りのとき

Il fait gris.   (gris: 灰色)

Il y a des nuages.   (nuage♂雲)

Cest nuageux.  (nuageux: 曇った/ ✖︎il fait nuageux とは言わない)

Cest très couvert aujourdhui.   (空が雲に覆われている。couvert de: で覆われている)

Il fait mauvais.  (mauvais: 悪い)

雨のとき

Il pleut.    雨がふってる。

Il va pleuvoir.   もうすぐ雨ふるな。

Il y a de la pluie.    雨ふってる。

Il y a du crachin.    (crachin♂細かい雨)

Il y a une averse.     (averse♀短時間にバッと降る通り雨)

C’est la saison des pluies.    梅雨の季節だね。

Il y a des inondations.     洪水だ! 

あらし・台風のとき

Il fait mauvais.   ひどい天気だな。

Cest orageux.     嵐になりそうだな。(✖︎il fait orageux 言わない)

Il y a de lorage.     あらしだ。(orage♂暴風雨)

Il y a du tonnerre. ( il tonne.)     雷がゴロゴロいってる。

Il y a des éclaircies.     稲妻がピカッと光ってる。

Il y a un typhon qui arrive.    台風が来るよ。

雪のとき

Il neige.     雪がふる

Il y a de la neige.   雪が積もってる。

Il y a de la grêle. ( Il grêle. )   あられだ

Il y a du grêlon.    ひょうだ。 

Il gèle.    凍ってる。

Il y a du givre.     霜が降りてる。

Il va y avoir une tempête de neige.    吹雪になるな… (tempête♀台風のような嵐)

霧のとき

Il y a du brouillard.    霧がかかってる。

Il y a de la brume.     薄いモヤがかかってる。

風があるとき

Il y a du vent.     風がある。

Il fait du vent.

Il y a une petite brise.    そよ風が吹いてる。

 

【気温・体感】を表現する。

Il fait 20 degrés.    20℃

Il fait moins 5 degrés.   −5℃

Il fait chaud.    暑いなあ。

Quelle chaleur !     なんて暑さだ!(chaleur♀暑さ)

C’est une canicule !   猛暑だ! (canicule♀猛暑)

Il fait bon.   心地よいね。(室内温度にも使える表現)  

Il fait doux.   穏やかな気候だ。 

Il fait frais.      涼しいな。

Il fait froid.   寒いなあ。

Ça caille.      冷え込むなぁ。(cailler: 牛乳などを凝固させる)

Il fait sec.  乾燥してる。

Il fait chaud et humide.    むし暑いなぁ。(humide: 湿っている)

天候を表す、おもしろい言い回し。

Il fait un soleil de plomb.    灼熱の太陽が照っている状態。(plomb♂鉛)

Il fait un froid de canard.    骨まで冷えが染み入る寒さ。(canard♂鴨)

Il fait un temps de chien.   寒くて雨風が強い最悪な天気。( -de chien: ひどい/ chien♂犬)

Il fait un temps pourri.       ひどい天候のとき。(pourri: 腐った) 

Il pleut comme vache qui pisse.     豪雨のとき (直訳「オシッコする雌牛」品のない表現)

Il fait un vent à décorner les bœufs.   「牛の角をもぎ取る」くらい強烈な暴風のとき。

 

おわりに

このように、たくさんの天候の表現があります。とくに「天候が優れない時」の表現が豊富なように感じます。日常あんまり使わないんじゃないの?と思いがちですが、フランスでは「ブツっ」と天候の文句を言ったら、案外相手は乗ってきます。ぜひ少しずつ覚えて、表現の幅を増やしてみてください。