フラ語「Y」のついた熟語表現

フランス語【Y の付いた動詞・熟語表現】Ca y est/ J’y suis/ Je t’y prends…

みなさん、こんにちは。

今日はフランス語 « Y » をつかった熟語表現です。

 

明らかに何かの代名詞でなくとも、「Y」がついてくる表現があります。

今日はその「Y」付きで覚えて使う表現を、いくつかあげてみました。

気に入った表現があれば、ぜひ覚えて使ってみてくださいね。

それではどうぞ、ごらんください♪

 

「代名詞 Y の使い方」は別ページにまとめています。

関連記事

みなさん、こんにちは。 今日は【代名詞 Y 】についてです。   前回まで代名詞 EN の使い方をみてきました。 なので今日は代名詞 Y についてです。   代名詞 Y も EN と同様に[…]

フランス語の代名詞「Y」の使い方
スポンサーリンク

フラ語【Y】をつかった熟語表現

Y ÊTRE

理解しようと相手の説明に耳をかたむけ、

– Ah ! J’y suis !

「ああ!わかった!」

 

相手の説明が理解できずポカンとしていると、

Tu n’y es pas du tout !

「全然わかってないな…」

 

つぎの非人称主語をつかった表現 « Ça y est » も色んな場面で使えます。

 

難度星5つの数独が解けた瞬間、

Ça y est ! C’est fini.

「できた!おわったぞ。」

 

お酒が入るといつも踊り出す友人を見て、

Ça y est. Ça recommence.

「ほーら、また始まった。」

 

N’Y ETRE POUR RIEN

「何もわるくない」

 

事件は秘密をもらした自分のせいだと落ち込む友人に、

Tu n’y es pour rien. C’est lui, le coupable.

「君は悪くない。悪いのはアイツだよ。」

 

友人から疑惑の目をむけられ、

Ne me regarde pas comme ça ! Je n’y suis pour rien.

「そんな目でみないでよ。私に責任はないんだから。」

 

Y ALLER

「さあ!」

話があると言ってきた部下に、

Allez-y, je vous écoute.

「どうぞ。話してください。」

 

教習所、初めての実車操作で緊張する生徒に教官が、

Vas-y doucement.

「いいよ発進させて、ゆっくりね。」

 

S’Y PRENDRE

「〜なやり方をする」「〜に振るまう」

 

思春期の子供に手をやく母が、

Je ne sais plus comment m’y prendre avec mon fils.

「息子にどう接したらいいのか、もう分からないわ。」

 

思うどおりの交渉が成立せず、

Je m’y suis mal pris. Il faut tout recommencer.

「やり方がまずかった。全部やりなおさなきゃ。」

 

JE T’Y PRENDS / JE VOUS Y PRENDS

「現場をとらえたぞ!」

 

親にすぐチクる弟が兄の部屋に入ってきて、

 Ah ! Je t’y prends ! Tu es encore dans ton jeux.

「あーっ見たぞ!またゲームしてる!」

 

S’Y CONNAÎTRE

「〜に精通している・くわしい」

 

故障した車はどうするのかと尋ねると、

Mon fils va réparer ma voiture. Il s’y connaît.

「息子が車を修理してくれるよ。詳しいからね。」

 

ドサっと資料を手渡され、

En informatique, tu t’y connais.

「情報分野は君、くわしいでしょ。」

 

Y TENIR

「どうしても」

 «J’y tiens.» のように現在形で使い、tenir à「〜を大切にする、執着する」が元になっている表現。

 

本当のことを教えてと言う友人に、

Tu veux savoir la vérité ? Tu y tiens vraiment ?

「真実が知りたいって?本当にどうしても知りたい?」

 

買い物について来るという旦那に、

– Tu n’es pas obligé de venir. Je peux y aller toute seule.
– Si, si,  j’y tiens.

「来なくてもいいのよ、私ひとりで行けるし。」
「いやいや、一緒に行くから。」

 

 否定文にすると「やんわり断る」様子が出せます。

チーズ大好きな友人の質問に、

– Tu aimes le fromage ?
– Je n’y tiens pas trop.

「チーズ好き?」
「こだわるって程ではないかなぁ」
(→真意は好きじゃない)

 

JE N’Y TIENS PLUS. 

「もう耐えられない!」

 

猛暑の夏、パリのアパートでは…

Je n’y tiens plus ! Il fait trop chaud ! 

「もうだめだ!暑すぎる!」

 

IL Y A

「〜がある」定番だけど、大切なYの表現です。

 

デパートでトイレに急ぐと、あ…

Il y a la queue.

「列になってる…」 

 

おわりに

EN の熟語表現もそうでしたが、Y の場合も同様、微妙な意味合いの表現が多いですね。派手な意味を持つわけでなく別の言葉で代用できるんだけど、でも独特な二ュアンスがある、といった感じです。どれか気に入った文をひとつ覚えて、ぜひ使ってみてくださいね。

それではまた次回♪