基本フランス語会話【ごめん・すみません】謝罪の表現

 

みなさん、こんにちは。

今日はフランス語で「すみません・ごめんなさい」と【謝罪するときの表現】についてです。

 

毎日「ありがとう」を奮発するフランス人は、「すみません」もけっこう奮発します。

このひとことがあると、相手も自分も必要以上にイヤな気分にならなくてすむので、けっこう便利なコトバなのです。

それでは、その便利なフランス語の【謝罪】の表現をいくつか紹介します。

それではどうぞ、ごらんください♪

 

スポンサーリンク

Pardon !

 

色々な状況につかえるとっても便利な表現。

①誰かにあたった時に。

Pardon !
パるドン !

「あ、ごめんなさい!」

これはもう定番ですね。何度も使って慣れて、反射で言えるようにします。

 

②人混みの中で道を空けてほしい時に。

Pardon! Vous pouvez me laisser passer, s’il vous plaît ?
パるドン! ヴプヴェムレッセパッセ,シルヴプレ?

「すみませ~ん!通してくださ~い!」

混雑した人混みの中、日本人みたいに周囲に気を配る人はほとんどいません。こちらから言わなきゃ、自分の通る道は空けてもらえません。

 

③相手の言ったことが分からなかった時に。

Pardon? Vous pouvez répéter, s’il vous plaît ?
パるドン? ヴプヴェれペテ,シルヴプレ?

「なんですか?もう一度言ってもらえますか?」

 

この場合の「Pardon」は口調を変えることによって次のようにも使われます。

相手の言ったことが聞き捨てならない時に、

 

Pardon? Tu peux me répéter ça?
パるドン? チュプムれペテサ?
「なんですと!?もっかい言ってくれる?💢」

 

『Pardon』は『許し』です。被害者側が与えるものです。

Je te demande pardon. で「私は君に許しを請う」で「君にあやまるよ」という意味になります。

 

Excuse(z)-moi !

動詞 Excuser は「~を許す」です。

この表現には2通りの使い方があります。

 

①罪の意識を感じたときに。

Excuse-moi d’être en retard.
エクスキュズモワ デートるオンるター

「遅れてごめん」

 

Excusez-moi de vous déranger.
エクスキュゼモワ ドゥヴデろんジェ

「おじゃましてすいません」(ちょっと失礼します…)

話し中の輪の中に割って入らなればならない時などに。

 

②だれかを呼ぶときに。

Excusez-moi ! (= S’il vous plaît ! )
エクスキュゼモワ! (シルヴプレ!)

「ちょっと、すみませ~ん!」

例えばカフェや店などでスタッフを呼ぶときに使います。

 

Désolé(e) …

①罪の意識を感じたときに。

Excuse(z)-moi と同じようにつかえます。

 

Désolée, je me suis trompée…
デゾレ,ジュムスィトろンペ…

「ごめんね、まちがっちゃったわ」

Je suis désolé de t’avoir fait attendre.
ジュスィデゾレ ドゥタヴォワーるフェアトンドる

「待たせてしまってごめん」

 

この『Je suis désolé(e)』という表現は相手に謝るとき以外にも、次のような使い方もします。

 

②遺憾・残念に思う気持ちを表すときに。

同じ意味で改まった表現の 『Je suis navré(e) ナヴれ』をつかうこともできます。

 

Je suis désolée de ce qui est arrivé.
ジュスィデゾレ ドゥスキエタりヴェ

「今回起きたことを残念に思うわ」

書くとき、主語が女性なら être désolée/navrée です。「e」を忘れずに!

 

おわりに

あいさつはいろんな意味で大切。現地の言葉をうまく話せる話せないとは関係なくて、人間同士の関わりの基本だと思います。

「ありがとう」と同様に「すみません」がフランス語でサラッと口から出るようになると、気持ちいいですね。モチベーションが上がって、フラ語を勉強するのがどんどん楽しくなります。

ではでは、また次回♪