フランス語で曜日が書いてある

基本フランス語【曜日の表現】冠詞 / 無冠詞による意味の違い。

 

みなさん、こんにちは。

今日はフランス語の【曜日の冠詞】についてです。

 

フラ語での曜日の表現には、冠詞がついている時と、ついていない時があります。

今回はその「冠詞をつける場合とつけない場合」で、どのように意味が変わってくるのかをみてみたいと思います。

それではどうぞ、ごらんください♪

 

スポンサーリンク

これだけはおさえる『曜日』ポイントまとめ

何がなんでも、これだけは覚えます。

lundi ランディ
mardi マるディ
mercredi メるクるディ
jeudi ジュディ
vendredi ヴォンドゥるディ
samedi サムディ
dimanche ディモンシュ

曜日に前置詞はつきません。

例外は « À lundi ! »
「 じゃ月曜日にね!」です。

 

冠詞による意味のちがいは、次のようになります。

無冠詞
Dimanche 今週の日曜日
定冠詞 Le dimanche
Les dimanches
毎日曜日
不定冠詞 Un dimanche ある日曜日

 

 

以上が、とにかく頭にタタキこんでおくポイントです。

もうすこし踏み込みたい方は、続いてどうぞ。

【無冠詞+曜日】【定冠詞+曜日】【不定冠詞+曜日】の順番にみていきます♪

【無冠詞】+ 曜日 lundi

1 曜日を単独でつかう。

 

曜日を単独でつかう場合、話してる時点から一番近いその曜日をさします。

「今週の曜日」について話すときは、なにもつけないこのパターンが多いです。

 

Elle est arrivée lundi. Elle repart dimanche.

エレタりヴェ ランディ エルるパー ディモンシュ

彼女はこの前の月曜日に到着していて、この日曜日に立つ。

 

2 dernier / prochain をつける。

 

Elle est arrivée lundi dernier. Elle repart dimanche prochain.

エレタリヴェ ランディ デるニエ. エルるパー ディモンシュ プろシャン

彼女は前の月曜に到着していて、次の日曜に立つ。

 

この『 曜日 + dernier / prochain 』は前の/次の○曜日」と、
話の時点から一番近いその曜日を指します。

 

ですが、話の時点によっては
「 lundi dernier  今週/先週の月曜日」
「dimanche prochain  今週/来週の日曜日」
ととれてしまい、意外とスッキリしない表現です。

 

そのため情報をより明確にしなければならない時は、

 

ce  dimanche
スディモンシュ
今週の日曜

lundi de la semaine dernière
ランディドゥラスメンヌデる二エーる
先週の月曜

le dimanche qui vient
ルディモンシュキヴィヤン
次にやってくる日曜

 

のように、きっちり表現したりもします。

 

【定冠詞】+ 曜日  le lundi /les lundis

Le + 曜日

【Le+曜日】は「毎週○曜日」を表し「習慣」になっている様子がうかがえます。

 

Il va chez ses parents le lundi.
(= les lundis / tous les lundis / chaques lundis )

彼は毎週月曜に両親の家に行く。

 

Le jeudi matin,  j’ai mon cours de piano.

毎週木曜日の朝はピアノのレッスンがある。

 

Les + 曜日s

Les+曜日s】も【Le+曜日】と同様に「毎週○曜日」を意味し、習慣を表すことができます。

曜日につける複数「s」も忘れずに。

 

下の例文のように期間が限定されてる場合は、 LES を使用することが多いです。

 

Le restaurant sera fermé les mercredis d’août.
ルれストろん スらフェるメ レメるクるディ ドゥットゥ

レストランは8月の水曜日は閉まっている。

 

8月の水曜日は4回あると分かっているので「le」でなく「les」を使っています。

 

【不定冠詞】+ 曜日  un lundi

これは 『ある○曜日』をあらわします。

どんな曜日なのか形容される場合にも不定冠詞がつきます。

 

Il est né un samedi.
彼は(とある)土曜日にうまれた。

Cette année, le Noël sera un dimanche.
今年のノエルは日曜日だ。

Un beau dimanche
きれいに晴れた日曜

 

おわりに

「基本のポイント」さえしっかりおさえておけば、まずOK。会話は日本語と同じで、情報が明確に理解できなければ、その場で再確認してゆけばよいです。今回は 『曜日の冠詞』についてでした。

それではまた次回♪