フランス語の接続詞「SI」条件文仮定文

フランス語【 接続詞 Si 】をつかった条件文と仮定文

みなさん、こんにちは。

今日はフランス語の【条件文・仮定文】についてです。

 

Si」と聞くと主節は「条件法!」と焦るかもしれませんが ( 私だけかな?)、これは仮定文の場合であって、条件文であればもちろん直接法をつかいます。

今日は、この接続詞 Si を使った「条件文・仮定文」について、じっくり観察します。

それではどうぞ、ごらんください♪

 

スポンサーリンク

接続詞「Si」をつかった文

接続詞「Si」を使った文には、次の3つのレベルがあります。

 

1. 未来に対する現実的な条件

Si + 現在形 ,  現在/近接未来/単純未来/命令

2. 現在の事実に反する非現実的な仮定

Si + 半過去 ,  条件法現在/条件法過去

3. 過去の事実に反する非現実的な仮定

Si + 大過去条件法現在/条件法過去

 

物事の確実性は、

1. 高 > 2. 低 > 3.ゼロ

の順に低くなります。

 

それでは順番にみていきます。

 

1. 未来に対する条件

*Si + 現在形 , ①現在 ②近接未来 ③単純未来 ④命令 

未来「これからの事」に対する条件文です。

 主節が直接法のため、確実性が高くきこえます。

 

① Si + 現在形 , 現在形

Si j’ai le temps,  je passe chez toi.

「時間があれば、君の家に寄るよ」

② Si + 現在形 , 近接未来

Si j’ai le temps,  je vais passer à la boulangerie.

「時間があったら、パン屋に寄ってくるよ」

③ Si + 現在形 , 単純未来

Si j’ai le temps,  j’irai au cinéma.

「時間があれば、映画に行こうかな」

④ Si + 現在形 , 命令形

Si tu as le temps,  va voir le médecin.

「時間あったら、お医者さんへ行きなさいよ」

 

現在形や近接未来にくらべ、単純未来の文が少し確実性が低く聞こえますが、いずれも主節が直接法なので現実味があります。

この3つの時制の違いについては【未来形の意味の違い】をのぞいてみてください。

 

 ちょっと注意です!

Si 従属節には、近接未来や未来形の文は使いません。
完了のニュアンスが必要なときは、複合過去を使います。


→「理解したら、つぎの説明してあげる」
✔︎ Si tu as compris,  je t’expliquerai la suite.
✖︎ Si tu auras compris...

→「宿題おわったなら、会いにおいでよ」
✔︎ Si tu as fini tes devoirs,  viens me voir.
✖︎ Si tu auras fini...

 

つぎは「現在の事実に反する仮定」です。

2. 現在の事実に反する仮定

* Si + 半過去 ,  ①条件法現在 ②条件法過去

現在「今の事実」に反したことを仮定する文。「もし今〜だったら…」

 ヒョットして!を思うと実現の可能性ゼロとは言い切れないけど、ほぼ非現実的。

 

① Si + 半過去 ,  条件法現在

現在の事実に反した仮定で、現在または未来へ言及する表現。

Si j’avais le temps,  j’irais à la piscine.

「時間があったらね、プールに行くんだけど」

(事実→時間がない。だから行けない)

 

Si j’étais riche,  je ferais le tour du monde.

「お金持ちだったら、世界一周旅行するんだけど」

(事実→お金がない。だから出来ない)

 

② Si + 半過去 ,  条件法過去

現在に反した仮定で、過去の結果へ言及する表現。

Si j’étais riche,  je serais déjà parti en vacances.

「もし金持ちだったら、僕はもうすでにバカンスに出発してるね」

(事実→お金がない。だから出発してない)

 

S’il venait,  il me l’aurait dit.

「彼、もし来るのなら、私にそう言っただろうし」

(事実→彼は来てない。だって私に何も言わなかったから)

 

3. 過去の事実に反する仮定

*Si + 大過去 , ①条件法現在  ②条件法過去

過去「昔の事実」に反した仮定文。「あの時〜だったら…」

 過去の事なので、実現の可能性はゼロ。非現実的。

 

① Si + 大過去 , 条件法現在

過去の事実に反した仮定で、現在へ言及する表現。

Si je n’avais pas raté mon train,  je serais déjà à Paris.

「電車を逃してなかったら、もうパリに居たのに!」

(事実→あの時電車を逃した。だからまだパリにいない)

 

② Si + 大過去 , 条件法過去

過去の事実に反した仮定で、過去の結果へ言及する表現。

Si j’avais su,  je ne serais pas venu.

「もし知ってたら、来なかったのに!」

(事実→あの時知らなかった。だから来てしまった)

 

おわりに

 あーややこし… と言いたいところですが、ここはポジティブにいきたいです。

「Si 節」と「主節」の時制の組み合わせは、色々と可能です。要は「Si 節」と「主節」の関係がロジックであればOKなので、組み型でとらえるよりも、各節を分解して時制を理解した方が融通がきくと思います。

「Si 節」は直接法「現在 / 複合過去 / 半過去 / 大過去」のどれかです。未来形は置きません。現実的な「条件」を提示したいのか、それとも非現実的な「仮定」をしたいのか。

「主節」は色んな時制が入ります。確実性の高い過去・現在・未来の話か、実現不可能な現在への願望か、変えることのできない過去への後悔なのか。

頭では分かっていても、口から出すのはまた別で難しいですね… ちゃんとトレーニングせねば!

それではまた次回♪