フランス語のくだけた日常会話【否定 NE の省略】と発音の変化

 

フランス語の日常会話は、学校で習う文とは異なる、速く簡単にしゃべるための独特な音節の変化があります。

そのため、ただでさえ速いフランス語が倍速になって聞こえ、知ってるはずのコトバもなぜか聞き取れないという状態になります。

会話における音節の変化は、サバイバルのためにも知っておくと良いと思うので、今日はその変化のポイントを紹介します。

それではどうぞ、ごらんください♪

 

スポンサーリンク

会話のフラ語【変化のポイント】

できるだけ速くフラ語をしゃべるために、変化する発音ポイントは次の6点です。

 

①  否定の NE を省く。
②  Je/me/te/le/ce →J'/m'/t'/l'/c'
③  JE     →CH
④  TU     →T'
⑤  IL/ ILS   → i
⑥  Il y a    →Y a

これらのポイントを駆使することで、文の音節数が減り、結果速くしゃべることになります。

 

上記ポイントを詳しくみてみたい方は、先へどうぞ♪

 

① 否定【NE】の省略

否定の « NE » は省かれ « PAS » だけになります。

もちろん、NE+QUE/ NE+PLUS/ NE+RIEN/ NE+PERSONNE/ NE+AUCUN における NE の省略も起こります。

 

*以下の例文の発音カタカナ表記は、ムリヤリこじつけた所があるので、なるたけ発音記号を中心にごらんください。

 

Je n’ai pas faim.

→ J’ai pas faim.   [ʒe.pɑ.fɛ̃]ジェパファん

 

Je ne sais pas.

→ Je sais pas.   [ʒə.se.pa]ジュセパ

 

Tu n’as que ça ?

→ T’as qu’ça ?   [ta.ksa]タクサ

que [kə][ə] も落ちてますね。(次のポイント②参照)

 

②【E】の音が抜け落ちる。

後に子音が続く場合 « E » [ə] の音がよく抜け落ちます。とくに、

« Je/me/te/ce/le » « J’/m’/t’/c’/l’ » になってしまいます。

 

Je viens.  [ʒə.vjɛ̃ ] ジュヴィヤン

→ J’viens.   [ʒvjɛ̃ ] ジヴィヤン

 

Je te le dis.
[ʒə.tə.lə.di] ジュトゥルゥディ

J’te l’dis.
[ʃtə.ldi] シュトゥルディ

 

Ce n’est pas grave.
[sə.nɛ.pɑ.ɡʀaːv] スネパグらーヴ

→ C’pas grave.
[spɑ.ɡʀaːv] スパグらーヴ

 

③【JE】が【CH】になる。

« JE » の後に « f /k /p /s /t » の子音がくる場合は « CH »  [ ʃ ] シュの音になります。

 

Je suis là.

→ Chuis là.  [ʃɥ.la] シュィラ

 

Je ne sais pas.

→ Ché pas.  [ʃe.pa] シェパ

 

④【TU】が【T’】になる。

« TU » の « U » が落ちて « T’ » だけになります。

 

Tu n’es pas là ?

→ T’es pas là ?  [tɛ.pa.la] テパラ

 

Tu étais où ?

→ T’étais où ? [te.tɛ.u] テテウ

 

Tu as faim ?

→ T’as faim ?  [ta.fɛ̃  ] タファン

 

⑤【IL / ILS】が【 i 】になる。

« IL» « ILS » の後に子音がくる場合、 « L » が落ちて [ i ] の音だけになります。

 

Il dit → i’dit  [i.di] イディ

Ils disent i’disent  [i.diz]イディーズ

 

« ILS » の « S » は後に母音が続く場合 [z] の音でリエゾンされます。

Ils arrivent.

→ i’arrivent.  [i.za.ʀiv] イザりヴ

 

⑥【IL y a】が【Y a】になる。

« Il y a » の « IL » が完全に省略されて « Y a »  [ja] ヤ だけになります。

 

Il y a longtemps.

→ Y a longtemps.  [ja.lõ.tɑ̃ ]ヤロントン

 

Il n’y a rien.

→ Y a rien.  [ja.ʀjɛ̃ ] ヤりヤン

 

その他

その他の音節変化を、あと2つ紹介します。

 

C’est toi qui as fait ça?

→ C’est toi qu’as fait ça ?

[sɛ.twa.ka.fɛ.sa]  セトワカフェサ? 
関係代名詞 « qui » が母音の前で « qu’ » になる。

 

Qu’est-ce que tu fais ?

→ Qu’est-ce tu fait ?

[kɛs.ty.fɛ] ケスチュフェ
« Qu’est-ce que » の « que » k が子音の前では飲まれて無くなる。

 

おわりに

学校では4音節で習うような文が、2音節とかになっちゃうんだから、そりゃ聞き取れないわけです。

おまけにフランス人は、ただでさえしゃべるの速いですしね。

授業ではきちんとしたフォームで話すことを習いますが、正しい型をちゃんと理解した上で、ドンドンこの様なくだけた技を使っていいと思います。

そうして慣れてゆく方が、結局実戦で使える語学力習得の早道です。

基本的に、自分で口から出さないものは、使えないし聞き取りにくいです。

ぜひ、少しずつでも使ってみてくださいね。それではまた次回♪