フランス語のくだけた日常会話【否定 NE の省略】と発音の変化

 

フランス語の日常会話では、学校で習う文とは異なる、速く簡単にしゃべるための独特な文法の変化があります。

そのため、ただでさえ速いフランス語が倍速になって聞こえ、知ってるはずのコトバもなぜか聞き取れないという状態になります。

会話における発音の変化はサバイバルのためにも知っておくと良いと思います。

それではみてみましょ。

スポンサーリンク

速くしゃべるための変化のポイント・まとめ

①  否定の【NE】を省く。
②  Je/me/te/le/ce →J’/m’/t’/l’/c’

③  JE  →CH  
④  TU  →T’
⑤  IL/ ILS  → i 
⑥  Il y a  →Y a

くわしくみてみたい方は次をどうぞ。

*例文の発音のカタカナ表記は、ムリヤリこじつけた所があるので、発音記号を中心に見てもらった方が理解しやすいかと思います。

① 否定【NE】の省略

否定の « NE » は省かれ « PAS » だけになります。これは他のポイントと併用して使われることが多いです。

NE+QUE・NE+PLUS・NE+RIEN・NE+PERSONNE・NE+AUCUN における NE の省略も起こります。

 

* Je n’ai pas faim.
→ J’ai pas faim.
[ʒe.pɑ.fɛ̃]ジェパファん

* Je ne sais pas.
→ Je sais pas.
[ʒə.se.pa]ジュセパ

* Tu n’as que ça ?
→ T’as qu’ça ?
[ta.ksa]タサ?

que [kə] の [ə] も落ちてます。(ポイント2参照)

②【E】の音が抜け落ちる。

後に子音が続く場合 « E » [ə] の音がよく抜け落ちます。とくに、

 « Je/me/te/ce/le » « J’/m’/t’/c’/l’ » になってしまいます。

 

* Je viens. [ʒə.vjɛ̃ ] ジュヴィヤン
J’viens. [ʒvjɛ̃ ] ヴィヤン

* Je te le dis. [ʒə.tə.lə.di] ジュトゥルゥディ
J’te l’dis.  [ʃtə.ldi] シュトゥディ

* Ce n’est pas grave. [sə.nɛ.pɑ.ɡʀaːv] スネパらーヴ
C’pas grave.  [spɑ.ɡʀaːv] らーヴ

③【JE】が【CH】になる。

« JE » の後に « f /k /p /s /t » の子音がくる場合は « CH » [ ʃ ] シュの音になります。

 

* Je suis là.  →Chuis là. [ʃɥ.la] シュィラ

* Je ne sais pas.  →Ché pas. [ʃe.pa] シェパ

④【TU】が【T’】になる。

« TU » の « U » が落ちて « T’ » だけになります。

 

* Tu n’es pas là ?
→ T’es pas là ? 
[tɛ.pa.la] テパラ?

* Tu étais où ?
→ T’étais où ? 
[te.tɛ.u] テテウ?

* Tu as faim ?
→ T’as faim ? 
[ta.fɛ̃  ] タファン?

⑤【IL / ILS】が【 i 】になる。

« IL» « ILS » の後に子音がくる場合、 « L » が落ちて [ i ] の音だけになります。

 

* Il dit → i’dit  [i.di] イディ

* Ils disent → i’disent  [i.diz]イディーズ

 

« ILS » « S » は後に母音が続く場合 [z] の音でリエゾンされます。

* Ils arrivent. → i’arrivent.  [i.za.ʀiv] イザりヴ

⑥【IL y a】が【Y a】になる。

« Il y a » の « IL » が完全に省略されて « Y a » [ja] 「ヤ」だけになります。

 

* Il y a longtemps.
→ Y a longtemps. [ja.lõ.tɑ̃ ]ヤロントン

* Il n’y a rien.
→ Y a rien
. [ja.ʀjɛ̃ ] ヤヤン

 

その他

* C’est toi qui as fait ça?
→ C’est toi qu’as fait ça ?
[sɛ.twa.ka.fɛ.sa]  セワカフェサ? 

関係代名詞 « qui » が母音の前で « qu’ » になる。

 

* Qu’est-ce que tu fais ?
→ Qu’est-ce tu fait ? 
[kɛs.ty.fɛ] ケチュフェ?  

« Qu’est-ce que » の « que » k が子音の前では飲まれて無くなります。

 

* Il faut pas 〜 →(i) Faut pas

* Ce n’est pas la peine →Pas la peine

 

おわりに

主に文章の出だし « Je / Tu/ Il / Ils » の周辺で色々と変化がおきます。

学校ではきっちりと発音することを習いますが、正しい文法をちゃんと理解して基礎が固まった上では、ドンドンこの様なくだけた文法を使っていいと思います。

そうして慣れてゆく方が、結局実戦で使える語学力習得の早道だと思います。基本的に自分で口から出さないものは、使えないし聞き取りにくいです。

ぜひ、少しずつでも使ってみてください!今回は「速くしゃべるための文法の変化」についてでした。