【フランスの男の子】の名前

 

前回のフランスの女の子の名前』に続いて、今回は【男の子の名前】です。

ある一定の年代以上には「ジョン- ミシェル」とか「ジョン-リュック」といった、複合型の名前があるのですが、

どうも最近の小さい子たちには、「ケヴィン」など英語風の短めの名前が目立つように感じます。

今回は、新鮮またはクラシックな名前でも人気のあるもの、聞いてキレイな響きだな、と感じた名前を独断と偏見でピックアップました。

それではどうぞ、ごらんください♪

 

スポンサーリンク

フランスの男の子の名前

カタカナ発音の50音順にならべてあります。

Adrien アドリアン ラテン語起源
Abel アベル ヘブライ語起源
Amir      アミール アラビア語「王子」
Antoine アントワンヌ ラテン語起源「計り知れない」
Etienne エチエンヌ ギリシャ語由来「冠」
Elias エリアス ヘブライ語起源
Eliseo    エリセオ ここ10年ほど再流行
Elio エリオ ヘブライ語「神は私の救済」
Enzo エンゾ イタリア系「家の長」
Auguste オギュスト ラテン語「威厳ある」
Octave オクターヴ ラテン語由来
Olivier オリヴィエ オリーブの木/1970年代ヒット名
Camil カミル アラブ系
Gaspard ガスパール ペルシャ語起源?イラン「宝の守護者」
Gabriel ガブリエル ヘブライ語と聖書・大天使の一人
Karim カリム アラビア語「寛大・高貴」
Guillaume ギヨーム ゲルマン系「意思・兜」
Clément クレモン ラテン語由来「善良」
Kevin  ケヴィン ゲール諸語系「とても愛される」
Gautier ゴチエ ゲルマン系「軍を統治する」
Sacha サシャ ギリシャ語由来「守護人」
Charle シャルル いっ時廃れてた名前
Jules ジュール ラテン語から派生
Stan スタン スラブ系「立ち上がる・栄光」
David ダヴィド ヘブライ語由来「愛される」
Théo テオ ギリシャ語由来「神の贈り物」
Naïm ナイム ヘブライ・アラビア語由来「幸せ」
Naël ナエル ブルターニュ語・アラビア語
Nathan ナトン ヘブライ語起源「才能・贈り物」
Nicolas ニコラ ギリシャ語「勝利と人々」
Nino   ニノ ラテン語起源
Noah ノア ヘブライ語由来「平静」
Noé ノエ ヘブライ語由来「安息」
Fabio ファビオ ラテン語由来
Basile バジル ギリシャ語「王」アラビア語「とても寛大」
Baptiste バチスト ギリシャ語「洗礼を授ける」の派生
Pablo パブロ ラテン語起源スペイン系
Valentin ヴァロンタン ラテン語由来「力強い」
Benjamin バンジャマン ヘブライ語由来「幸運の息子」
Vincent ヴァンソン ラテン語「打ち勝つ」
Victor ヴィクトー ラテン語由来「打ち勝つ」
Paul ポール ラテン語由来
Marius マリアス ラテン語由来「海」
Malo マロ ブルターニュ・ケルト語「人質と光」
Matias マチアス 2000年に入ってヒット
Michel ミシェル ヘブライ語「神に似て」
Milo ミロ ラテン語由来
Yanis ヤニス ヘブライ語「慈悲深い神」
Hugo ユーゴ ゲルマン系「知性・機知」
Raphaël ラファエル ヘブライ語由来・3大天使のひとり
Liam  リアム アイルランド語由来「意思・兜」
Lino リノ ラテン語由来「麻」イタリア系
Livio リヴィオ ラテン語由来イタリア系
Louis ルイ ゲルマン系から派生
Lucas  ルカ ギリシャ語由来「白・素晴らしい」
Lucien リュシアン ラテン語由来「光」
Léo レオ ラテン語由来「ライオン」
Léon レオン ラテン語由来「ライオン」
Rémi レミ ラテン語「漕ぐ人」
Loïs ロイス ゲルマン系「栄光ある」

おわりに

あたり前ですが、他にもいっぱいステキな名前はあります。こうして見てみると名前の由来が、ラテン・ギリシャ・ヘブライ・ゲルマン系からアイルランド系まで、すごい多種多様です。さすが多民族国家。個人的には「カリム」などアラビア系の名前にオシャレな響きのものがあるなあと感じました。

それではまた次回♪

 

関連記事

  みなさん、こんにちは。 今回は【フランスの女の子の名前】をいくつか紹介します。 日本でも名付けには流行りがありますが、フランスでも同じです。 「流行な名前」と「クラシックな名前」というのがあって、ここ数年は、英語風[…]