フランス語 【PLUSプリュス 】の S を発音するとき/しないとき。

 

みなさん、こんにちは。

今日はフランス語 「PLUS の « S » を発音する時/しない時」についてです。

 

否定 « NE-PLUS » の S は発音しないことは学校でもしっかり習いますが、それ以外の « PLUS » の発音が少し曖昧なときがあります。

S を発音してしまっても通じることがあるので適当に扱ってしまいがちですが、今回はこの点をクリアにしてみようと思います。

それではどうぞ、ごらんください♪

 

スポンサーリンク

もう〜ない « NE – PLUS » の場合

NE-PLUS 「もう〜ない」の plus「S」は発音しません。

 

J’ai trop bu de vin. Je n’en veux plus.
ワイン飲みすぎた。もう欲しくないわ。

Il n’est plus ici.
彼はもうココにはいない。

 『もう〜ない』の否定の意味でつかわれる « plus » は、書き言葉では « ne » が先行しているので分かりやすいですが、会話では « ne » が無いことが多いので、その場合は文の内容が否定であることに注意します。

比較・最上級の « PLUS » の場合

優等比較級、比較最上級の時の「PLUS」についてです。

この PLUS の S は「発音する」場合と「発音しない」場合があります。

 

「S」を発音する場合・[plys]

PLUS が「動詞」または「de + 名詞」に付いている場合「S」は発音します。

 

Elle mange plus que moi.
彼女は私よりもよく食べるよ。

Il dort plus que d’habitude.
彼いつもよりも長いこと寝てるな。

Il veut boire plus de vin.
彼はもっとたくさんワインを飲みたい。

J’ai besoin de plus de temps.
もっと時間が必要です。

 

「S」を発音しない場合・[ply]

PLUS が「形容詞」または「副詞」に付いている場合Sは発音しません。

 

Elle est plus âgée que moi.
彼女は私よりも年上ね。

Elle est plus belle que moi.
彼女は私よりも美人だわ。

Je mange plus vite que lui.
僕は彼よりも食べるのが速いんだ。

Parlez plus fort !
もっと大きな声でしゃべってください。

 

その他の « PLUS » について

« Plus » が数量の表現とともに使われる場合

「PLUS DE + 数量」の表現の場合「S」は発音しません。

plus de 100 euros
plus de 20 ans
plus de la moitié 

 

« Plus… plus… » の表現の場合

「〜すればする程ますます〜」

Plus… plus…「S」は発音しません。

後に母音が続く場合は [Z] でリエゾンしてもよいです。

 

Plus je mange, plus je grossis.
食べればたべるほど、ますます太る。

Plus il en parle, plus je me tais.
彼がしゃべればしゃべるほど、僕はだまる。

 

計算の « + » プラス

「Sは発音します。

Deux plus trois font cinq.

2+3=5

 

« PLUS » の « s » のリエゾンについて

« Plus » は [Z] でリエゾンさせることができます。

 

Cette maison est plus ancienne que la mienne.

家は私の家よりも古いわ。
[plu.zɑ̃ .sjɛn]

Elle est plus en forme que lui.

彼女は彼よりも元気だ。
[plu.zɑ̃ .fɔʀm]

 

おわりに

まずは以下の3つの場合にS は発音されない」という事を覚えておけば、ほぼ全体的に問題をクリアできると思います。

① « ne + plus » の場合
② 優等比較で「形容詞」または「副詞」につく場合
③「plus de + 数量」の場合

 

それではまた次回♪