フランス語表現「右の耳から左に抜ける」

ちょっとフラ語表現【右の耳から左の耳に抜けていく…】てどう言う?

みなさん、こんにちは。

今日はフランス語の言い回しを1つ紹介します。

【右の耳から左の耳に抜けていく】のフランス語での表現です。

それではどうぞ♪

 

スポンサーリンク

フランス語で【右の耳から左の耳】ってなんて言う?

先日ドラマを見ていたら、こんな場面で使われていました。

とある男性が、職場の昇格試験の勉強をしています。教材を使って一生懸命おぼえようとしているのですが、その情報量が半端なく…

男性が言います。

 

« Ça entre par une oreille,
ça sort par lautre. »

 

「右の耳から左へ抜けていく…」

 

日本語と同じような表現なんですね。

意味も、人の言う事などが入ったしりから抜けて行って「頭に残らない」ことを言います。

 

本来は「まったく聞く気がない」のニュアンスを背景に使うことが多いですが、上の例のように単に「情報が頭に残らない」ことを言うだけの場合もあります。

 

フランス語版では、耳の左右の特定はされておらず『片方の耳から入って、もう片方から抜ける』という表現になっています。

 

耳は2つしかないので « une oreille » « lautre (oreille) » です。

 

基本形は « entrer par une oreille et sortir par lautre » なので、これを軸に色々作文できます。

 

 

Tu as beau lui expliquer ; tout ce quon dit entre par une oreille et sort par lautre.

彼に説明してもムダだよ、言う事ぜんぶ右から左に抜けていくから…

 

意味も日本語と同じだし、構文的にもシンプルな構造で比較的覚えやすい表現だと思います。

機会があればぜひ使ってみてください♪