「口が軽い」ne pas savoir tenir sa langue

ちょっとフラ語で【口が軽い・堅い】

みなさん、こんにちは。

今日のフラ語の表現は【口が軽い・堅い】です。

 

何でもかんでも口外する「口が軽い人」

容易には情報を漏らさない「口の堅い人」

 

さてさてフランス語では何て言うのでしょ。

それではどうぞ、ごらんください♪

スポンサーリンク

savoir tenir sa langue

「口が軽い」ne pas savoir tenir sa langue

「口が堅い」savoir tenir sa langue

その否定形で「口が軽い」

ne pas savoir tenir sa langue

savoir「知っている」
tenir「留める・持つ」
langue「舌」

 

つまり tenir sa langue は「黙っている」ことで、そのやり方を知っているか、という表現です。

ちょっと例をどうぞ。

 

女子が2人ヒソヒソ話…

– Maintenant, tu sais tout !  Mais ne le dis à personne. 

– Ne t’inquiète pas. Je sais tenir ma langue. 

 

– これであんたも事情通。けど誰にも言わないでね。
– 心配しないで、私は口堅いから。

ne…personne「誰も〜ない」
s’inquiéter「心配する」
savoir+V「〜の仕方を知っている」

 

〇〇ちゃんにも相談しようという友達に、

– Tu penses lui en parler ? Fais attention, elle ne sait pas tenir sa langue. 

 

彼女にも話すつもり?気をつけなよ、彼女シャベリだから。

penser +V「〜するつもり」
parler de「〜について話す」
en parler「それについて話す」
faire attention à「〜に注意する」

 

フランスの人は皆おしゃべりです。でも「口が軽い」とはまた別で、自分のことを延々と話せる人が割合多く(私の周りだけか?)、他人の事や家庭内のことをネタにするのは稀に思います。とにかく自分の意見を述べるのが好きな人たちなので、普段の会話でも相手の発言中には割り込まないなど、会話マナーはとても大切にしていると感じます。

それではまた♪

「口が軽い」ne pas savoir tenir sa langue
最新情報をチェック