ちょっとフラ語で【そ知らぬ顔で…】

みなさん、こんにちは。

今日のフラ語表現は【そ知らぬ顔で】です。

 

そ知らぬ顔って、なんだかコソコソしたイメージが湧いてくる可笑しい表現で、個人的には好きな日本語です。

さてさてフランス語では、何て言うんでしょ。

それではどうぞ、ごらんください♪

スポンサーリンク

mine de rien

「何もないかのように」 mine de rien

「そ知らぬ顔で」は、

mine de rien

です。

mine は「顔つき」のこと。

 

avoir une bonne mineで「顔色がいい」という定番表現がありますね。

つまり mine de rien は「何でもない表情」という意味。

ミンドリヤンって音が、またいい感じで意味と合ってます。

 

では、少し例をどうぞ。

 

向こうから大嫌いな奴がやって来る。そして…

– Il est passé devant moi mine de rien en faisant semblant de ne pas me reconnaître.

 

彼は僕のことなんか気づかないフリをして、何食わぬ顔で前を通り過ぎた。

passer「通る」
en+V現在分詞「〜しながら」
faire semblant de「〜のフリをする」
reconnaître「〜だと分かる」

 

彼の犯行場面を供述する女、

– Je l’ai vu entrer dans la chambre : il a mis les bijoux dans sa poche et il est reparti mine de rien.

 

私、彼が部屋に入って来て、宝石をポケットに詰めて、何食わぬ顔でまた出ていくのを見たの。

mettre…dans sa poche「…をポケットに入れる」

 

〜♪ —

日本語の「そ知らぬ顔で~」とまったく同じ場面で « mine de rien » は使えます。

表現も短いし、音は可愛いしで、とても覚えやすい表現だと思うので、ぜひ使ってみてください。

それではまた♪

最新情報をチェック