どう使う?フランス語会話【 Quand même 】表現のナゾ

 

« Quand même » って会話でよく聞くけど、いまいち使うポイントがはっきりしない…

感覚で理解しないとスッキリ使えない言葉です。

知ってても使えないなんてクヤシイので、今日はこの « Quand même » にせまります。

文にニュアンスを簡単に出せる機能なので、とても便利ですよ。

それではどうぞ、ごらんください♪

 

スポンサーリンク

文中で使われる « Quand même »

 

« Quand même » は、これまでの話の流れに対応して入れるニュアンス語なので、むつかしく考えずに感覚でとらえます。

 

いちばん近いのは『 (なんだかんだ言っても) やっぱり〜 』です。

 

例をみてみます。

各文の Quand même に『なんだかんだ言ってやっぱり〜』をほりこんで、状況をイメージしてみてください。

 

 

– Il n’y a plus de whisky. C’est quand même bizarre. J’en ai acheté hier…

ウイスキーがもう残ってない… それにしてもヘンだなあ、昨日買ったとこなのに。

 

– J’avais peur, mais je l’ai fait quand même.

こわかったけど、やっぱり一応やっといたよ。

 

– Il n’était pas très en forme aujourd’hui. Il est quand même resté jusqu’à la fin.

かれ今日はあんまり元気じゃなかったけど、それでも(何だかんだと)最後まで居たよ。

 

– Il ne fait pas très froid mais couvre-toi bien quand même.

すごい寒いってことはないけど、一応ちゃんと着込んどきね。

 

-Désolé(e), je n’ai rien trouvé.
-Tant pis, merci quand même.

– 残念だけど何も見つからなかったわ。
– 仕方ない、とにかくありがとう。

「収穫なかったけど手間とらせちゃったね」のニュアンスなので、手当たりしだいにMerci の後につけないように。すごくお世話になったり、目上の人にはちゃんとお礼を言います。

 

-Ce n’est pas dangereux mais fais attention quand même.

危険ってわけじゃないけど、やっぱり気をつけてね。

 

-Je vais quand même lui demander…

まあやっぱり、彼にも聞いてみるよ。

 

-Tu es gentille, quand même.

(なんだかんだ言って) やっぱり君ってやさしいよねー。

 

Quand même, il est fatigant.

やっぱアイツ、疲れるわ。

 

-C’set quand même difficile.

(何だかんだ言って) やっぱり難しいよ。

 

-Tu aurais pu me prévenir quand même !

(何だかんだ言っても) 私に先に教えとくぐらいできたんじゃないの?!

 

-Tu ne vas pas rester comme ça quand même!

(グチャグチャ言ってるけど) こんなママずっといようってんじゃないよね?!

 

う〜ん、何となく感じはつかめたでしょうか。

つぎは、単発で使う「quand même」です。

 

スポンサーリンク

返事で使われる、単発の « Quand même »

ここでも同じく『何だかんだ言ってやっぱり〜』の基本ニュアンスを入れてイメージしてみます。

いずれも何らかの文が省略されて « Quand même ! »  だけが残ってると考えると分かりやすいです。

日本語で反応するときと同じような抑揚を入れて « Quand même » を言うのがポイント。

 

ケース1 情報にビックリしたとき。

これは非常によく使います。

「そうかな〜とは思ってたけどやっぱり!」「そこまでとは思ってなかったな!」が背景にあります。

直前に「ア〜」がつくことが多いです。

 

– Il est combien, ce sac?
– Il est 3,000€.
– Ah, quand même !

– このカバンいくら?   –
– 3,000€
– ああ、やっぱそんなするんだ!

 

– Il ne lui reste que 5€ à la fin du mois.
– Ah, quand même !

– 彼、月末には5€しか手元に残らないんだって。
– えっ、そんな…  (キツイとは聞いてたけど、そこまでとは)

 

ケース2・何か遅れていた事に対しての反応。

どちらかというと皮肉のニュアンスです。直前に「ア〜」がつくことが多いです。

 

– Elle m’a remboursé 10€ hier.
– Ah, quand même !

-きのう彼女ぼくに10€返してきたよ。
-あ〜やっと!(何だかんだやっと返してきたか)

 

– Voici mon dossier.
– Ah, quand même !

– これ、書類もってきました。
– ああ、やっとかい!(何だかんだやっとこ持ってきたか)

 

ケース3・お礼を言ったときに返ってくる。

『何だかんだ言っても、やっぱりアタリ前じゃないの』な感じです。

直前に「バ〜」がつくことが多いです。

« Bah, c’est quand même normal. » が短縮されてるととってよさそう。

 

– Merci d’avoir pensé à moi.
– Bah quand même !

– 私のこと思ってくれてありがとう。
– まあ、あたりまえよ〜

 

– Merci pour ton aide.
– Ban quand même !

– 手伝ってくれてありがとう。
– もーあたりまえよ (やっぱり友達なんだし)

 

おしまい

以上、« Quand même » の使い方でした。少しでもニュアンスを感じとれたなら、あとはどしどし会話で使ってみてください。それではまた次回♪