セネガル家庭料理【マフェ】

アフリカのごはん🥜ピーナッツ味の煮込み料理【マフェ】をつくる。

みなさん、こんにちは。

今日は西アフリカの家庭料理【マフェ/Mafé】の紹介です。

日本の食材でも簡単に美味しく作れる煮込み料理。

ページ後半にはレシピも載せてあるので、興味のある方はぜひ読んでみてください。

スポンサーリンク

アフリカ料理【マフェ】てなに?

セネガル家庭料理【マフェ】

この料理は西アフリカ、主にマリやセネガルの « 煮込み料理 » です。

『マフェ』という名前は「ピーナッツバターをベースにしたソース」のこと。

中に入れる食材によって、チキンマフェ、白身魚マフェ、ベジタリアンマフェなど、色々なマフェがあります。

つまり『マフェ』という言葉は、時にメニュー、時にソースを指せる言葉なのです。「カレー」と似た様な感覚ですね。

 

マフェは、お米と一緒にいただきます。アフリカで良く使われる米はフランス語で「リコンカセ」と呼ばれるお米。「リ」は 米 「コンカセ」は « 砕かれている » の意。

味は日本米よりもインド米のサラッとした口当たりに近く、粒が割れているのでかなり細かいお米です。もちろん、日本米でもマフェは美味しくいただけるのでご心配なく。

 

それではセネガルの家庭料理【牛マフェ】の作り方をみてみましょ。

 

セネガルの【牛マフェ】レシピ

煮込み料理なので作り方は簡単。

【牛マフェ】材料 約4人分 

牛肉  好きなだけ

玉ねぎ   中1コ  くし切り
ニンジン  小1本  
さつまいも 小1コ (洋カボチャやジャガイモでも)
なすび   小1本
(カブ     小1コ)

トマト缶 1本  (orトマト大2コ) 

にんにく  1カケ つぶす
しょうが  1カケ みじん切り
ローリエ  1葉
塩コショウ 適宜

ピーナツバター(甘くない)  好きなだけ

 

セネガル料理【牛マフェ】をつくる。セネガル料理【牛マフェ】をつくる。 セネガル料理【牛マフェ】をつくる。レシピ【牛マフェ】ピーナツバターを投入。

①一口大に切った牛肉の表面を、熱したフライパンで焼き色を入れ、皿によけておく。煮込む鍋で直に焼き色をいれても良いです。

② 煮込む鍋に軽く油をひき、玉ねぎを透明になるまで炒める。

③一口大に切った他の野菜を投入し、軽く塩コショウする。野菜にある程度火が入ったら、先ほどの肉を戻し入れ、ショウガみじん切り、潰したニンニクも投入。(スパイス好きならココで、粉パプリカ・粉ターメリックを各小さじ1程入れても美味)

④トマト缶とローリエを入れ、30分程中火で時々混ぜながら煮込む。水気が足りないなら水かトマトを足す。(セネガルの人はここでキューブのブイヨンを入れるのが好き。お好みでどうぞ)

④具材が煮えたら、ピーナッツバターを好みの味や濃度になるまで入れる。(私は山盛り大さじ3程入れる) 弱火で数分煮込む。焦げないよう頻繁に混ぜる。

⑤塩コショウで味をととのえ、炊いた白ご飯と共にどうぞ。

 

補足: もし唐辛子好きなら、薬味で🌶唐辛子ペーストを少し加えて食べるのがオススメ。

 

おわりに

アフリカはお米を食べるところが多いので、料理もお米と合う味が多く、日本人の口に案外馴染みやすいものです。この「マフェ」もその1つ。

初めて食べたときは、ピーナツバターでご飯食べるなんてありえない!と思ったのですが、実際に食べてみると何ともシックリと口に馴染むではないですか。好き嫌いは好みなので勿論あるとは思いますが、料理としては文句なく美味しい。

マフェソースの濃度、入れる野菜や肉の種類など、皆さんも自分好みのレシピを色々模索して、ぜひ家庭料理のレパートリーに組み込んでみてください。