仏コメディ映画【3人の逃亡者/銀行ギャングは天使をつれて】

フランス映画【3人の逃亡者/銀行ギャングは天使をつれて】

 

みなさん、こんにちは。今日はフランス映画【3人の逃亡者】です。

監督ヴェベール自身がアメリカ版でリメイクしたものもありますが、今回はそのオリジナルでフランス版の感想です。

俳優ピエール・リシャールの笑いは「天然ボケ」を表現したものが多いのですが、ドゥパルデュが妙に冷めた演技をするので、その対比がかなり面白くて、あっという間の1時間半でした。

お笑い役者の色だけが前面に出て、つい単調になりがちなコメディ作品を、テンポ感もストーリー性も演出も文句なく揃った質の良いコメディ。

スポンサーリンク

作品情報

【3人の逃亡者/銀行ギャングは天使を連れて】

原題   « Les Fugitifs » 
監督 /脚本   フランシス・ヴェベール

出演   ピエール・リシャール
     ジェラール・ドゥパルデュ

公開年  1986年
上映時間 86分
ジャンル コメディ

あらすじ

仏コメディ映画【3人の逃亡者/銀行ギャングは天使をつれて】

5年の刑期を終え出所したばかりのプロの銀行強盗ジャン・リュカ (ドゥパルデュ)。新しい人生を歩もうと、銀行口座を開きに銀行へ向かう。

リュカが窓口で手続きをしていると、そこへ失業を苦に銀行強盗を決意したド素人強盗のフランソワ・ピニョン (ピエール・リシャール) が乗り込んでくる。

ピニョンはお金の入った袋と(素人なので大した金額は盗めていない)、そこに居合わせた大強盗リュカを人質にとって、逃走しようとする。銀行はあっという間に警察に包囲され、警察はもちろんリュカの犯行だと思い込む。

銀行からの逃走中、ピニョンは間違ってリュカの脚を撃ち、急いで知り合いのアル中「獣医の家にリュカを運び込む。

ピニョンはリュカに、全ては自分の幼い娘ジャンヌのためにやったと打ち明ける。ジャンヌは母親の失踪以来、言葉を一言も発さなくなっていたのだ。

最初はピニョン父娘を全く助ける気もなかったリュカ。しかし、ジャンヌが徐々に懐いてくると、この父娘を放っておけなくなり、2人がイタリアへ逃走する手助けをすることに

感想

仏コメディ映画【3人の逃亡者/銀行ギャングは天使をつれて】

フランシス・ヴェベール/ピエール・リシャール / ジェラール・ドゥパルデュのトリオ3作目。

他2作は « La Chèvre » « Les Compères »個人的にはこの3作目が一番好きです。

 

『奇人たちの晩餐会』に代表されるヴェベール作品の、ボケキャラで名高い登場人物 «フランソワ・ピニョン»

今回のピエール・リシャール演じるピニョンは、失業者でウツ傾向があり、幼い娘の養育のために、ド素人な銀行強盗を働く父親。

そんなピニョンとは対照的なのが、プロ銀行強盗リュカ。エネルギッシュで大胆で、ある意味たよりになる力強い存在。鈍臭いピニョンを冷たく突き放したいのにできない、根は情深いやつ。

コメディ作品は下手すると、笑いをとる主演俳優の一人芝居になりがち。でもここは、2枚目じゃないけど演技すると格好いい俳優、ドゥパルデュの存在感が光ります。

作品を単調なコメディにしてしまわない様、笑いの温度を上手くコントロールしていました。ドゥパルデュ、いい俳優です。

 

シナリオもよくできていて、中だるみは無し。

何よりも、笑いのサジ加減が完璧。観客をウンザリさせず、さっと笑って、すぐにストーリーに没頭できる、軽快なテンポ感が良。

何度見ても笑える場面が3つあります。銀行でピニョンがリュカを人質に選ぶ場面、誤って銃負傷させたリュカを「獣医」に連れて行く場面 (この獣医がまた面白い)、ピニョンを女装させて道中の検問を通過する場面。

そして心がキュッとなる場面がひとつ。心を病んで失語していたジャンヌが、リュカに向かって初めて言葉を発する場面。このジャンヌ役の子役がまたえらい演技派で、可憐な動作や完璧なまでに無感情な表情でもって、作品に独特な色を与えていました。

お腹を抱えて笑う系コメディではないけれど、バカバカしさにシラケることなく、でも確実に笑える作品。ポッ❤️と心温まりたい時にオススメ。