【夏の花言葉】パリの四季の庭

みなさん、こんにちは。

今日は前回に続き、フランス四季の庭の花言葉「夏」です。

 

パリの夏は穏やかです。

30度を超える日が長く続くことは稀。

過ごし易いですが、あまり夏っぽくなく、何だか物足りない感じもします。

だから夏のバカンスは皆、太陽を求めて南に下りて行きます。

 

このように夏の暑さが緩いパリでは、日本の夏定番のアサガオやヒマワリなどの一年草は、あまり見かけません。

それでもパリの夏の庭を彩る植物はいくつかあるので、花言葉とともに紹介したいと思います。

どうぞ、ごらんください♪

スポンサーリンク

パリの夏の庭の花言葉

アジサイ L’hortensia

「気まま」「冷たい美しさ」「心よりありがとう」

パリ近郊は土がアルカリなのでしょうか。青色アジサイは珍しく、薄紫系の株を買っても地植えするとピンクになってしまいます。それもちょっと下品なくらい濃いピンク。アジサイはやっぱり青が好き。祖母の家にあった濃い瑠璃色アジサイの、あの悪魔的な美しさがウン十年たった今も忘れられません。

クチナシ Le gardenia

「誠実」「隠された愛」

夏の香り花といえばクチナシ。初夏から秋までゆっくり咲いてくれます。ねっとり重めの香りが、真夏よりも気温が少し下がった秋口の方が似合うと感じます。パリでは一重咲きしか見たことがないのですが、八重咲きもきれいですね。

クレマチス La clématite

「続く愛」

青は「愛する希望」白は「欲望」「ごまかし」

なんとも微妙な意味を持った花です。日本ではガーデニングファンには欠かせない人気者。ひ弱そうな茎に大きな花を咲かすアンバランスさが、妙に色っぽい花です。色味も渋めな品種が多く、和風にも洋風にもアレンジできます。

グラジオラス Le glaïeul

「誇り」

アヤメ科の花で、スラッと勢いよく立つ姿が目を引くグラジオラス。その容姿からラテン語で「小さな剣」という意味を持ちます。フランスでは70年代にブームになりました。背丈があり骨太な咲き姿のため、庭に植えると見応えある迫力が出ます。一時うちの花壇の常連でしたが、可愛げがないので飽きてしまいました。ごめんね。

ジャスミン Le jasmin

「夢への誘い」「官能」

香りだけでなく花言葉も色っぽいです。晩春初夏の花。フランス人は隣家との境を、塀や植物で完全に視界を遮って庭のプライバシーを確保するのを好むので、分厚く茂る蔓性の植物は人気があります。花期に風に乗って漂ってくる、嫌味のない香りは「甘い誘い」そのものです。

ゼラニウム Le géranium

「社交性」「友情」「愛の感情」

ケルト文化では「知恵」の象徴であるゼラニウム。アパートや家の窓下に赤のゼラニウムを置くのは、フランスの町の定番風景です。古臭くて時代を感じると言って嫌がる人もいますが、蛍光のような独特な発色をするゼラニウムの花は、曇り空の多いパリの家々の外観を明るく照らしてくれます。丈夫な性質で、挿し木も簡単に着き、世話するのがとても楽しく感じる植物です。

ダリア Le dahlia

「感謝の表明」

ダリアは初秋のイメージですが、パリは夏が涼しいため初夏から長く楽しめます。種類もたくさんあり、花びらの独特な発色が目を引きます。とにかく咲き様が豪華なので、贈花には大活躍の花です。

フクシア Le fuchsia

「熱い欲望」「情熱」

ポップな色のイヤリングの様な花が可愛いフクシア。8000種以上もあると言われており、コレクターもいます。日本では夏越しが難しいですが、パリでは冬の寒さに枯らしてしまうことも。私も耐寒性のある品種を何度かチャレンジしましたが、地植えにしたとたんやられてしまいました。気候や植え付け場所の条件、光の具合など、いろいろ好みのある難しい植物だと感じます。

ペチュニア Le pétunia

「怒り」「障害」

初心者でも育てやすい夏のプランターを彩るペチュニア。花数も多く、色味も鮮やか。夏らしく力強く咲くので、つい誰かに贈りたくなるのですが、花言葉が良くないためフランスではプレゼントに好まれません。

ラベンダー La lavande

「沈黙」「返事して!」

せっぱ詰まった感じの花言葉をもつラベンダー。フランス人はハーブを庭に植えるのが大好きで、ラベンダーは道路脇や庭によく植えられています。香りが良いのはもちろん、淡いブルーの花やシルバー色の葉が、夏の庭を涼やかに演出してくれます。難点は、花がやたらと蜂を呼ぶことでしょうかね…

 

—🌻—

フランスの四季で「夏」は私にとって、一番モノ足りない季節です。

日本の夏は茹だる暑さだけど、水やり後の植物と蚊取り線香の匂い漂う夕刻の庭は、風情があって大好きです。

実家の夏の常連だった、蓮、風蘭、ゴーヤカーテン、セミの声…

パリになくて寂しいと感じる、夏の風物詩です。

 

それではまた次回♪

参考参照
gerbeaud -Langage des fleurs toutes les symboliques
Langage emblématique des fleurs- Dictionnaire Larousse
interfolia france- Langage des fleurs