【秋の花言葉】パリの四季の庭

みなさん、こんにちは。

今日はフランスの四季の庭【秋の花言葉】です。

 

ガーデニングの見頃である春夏を終えた「秋」は、来春のための庭準備に忙しくなる季節です。

では植物の鑑賞面ではどうかというと…

 

パリの秋は派手な紅葉もなく、落葉樹の緑が疲れた様になってくる、何だかちょっと寂しい季節。

 でも秋になったら咲いてくれる花があって、それらが心を和ませてくれます。

 

今日はそんなパリの秋の庭に咲く花と、その花言葉をいくつか紹介したいと思います。

それではどうぞ、ごらんください♪

スポンサーリンク

秋の庭の花言葉

キク Le chrysanthème 

「喜び」「永遠」

菊はフランスでも墓花の代表のため、あまり陽気なイメージの花ではありません。ですが最近はダリアに似た派手な品種も出てきて、種類がとても豊富になりました。贈花には向きませんが、自宅用としては秋の暮らしを彩るオシャレなアイテムになります。

サザンカ Le camélia d’automne

「賞賛」「永遠の愛」「美」

晩秋から冬にかけて咲くサザンカは、フラ語で秋ツバキとも呼ばれます。よって花言葉もツバキと同じ。花の少ない庭に色を添える貴重な花で、フランスではジャスミンティーの香りがするとも形容されます。初春に咲くツバキとともに人気です。

シクラメン Le cyclamen

「美」「嫉妬」

庭の原種シクラメンが咲き始めると、秋だなと感じます。リラの木の足元で年中まったく陽の当たらない場所なのに、毎年けなげに咲いてくれます。白シクラメンが大好きなのですが、冬の水やりが下手で上手く育てられないため、いつからか鑑賞鉢は買わなくなりました。

シュウメイギク L’anemone du Japon

「愛情」「信頼」

フラ語で「日本のアネモネ」と呼ばれる秋の花シュウメイギク。パリでは夏から開花が見られます。春や夏の花の持つパワフルさはないですが、花と葉のもつ素朴な柔らかい雰囲気を好む人が多いですね。フランスで和風庭園といえば必ず植えられている植物です。

 

—🍁—

秋といえば金木犀。

私にとってはプルーストのマドレーヌ並みに、香りと思い出が連動する庭木。

パリでは入手困難で、身近になくて一番さみしいと感じる植物です。

フランスに定着しているアジア原産の植物が色々ある中、なんで金木犀はメジャーでないのか不思議なのと同時に、ちょっと残念でもあります。

それではまた次回♪

参考参照
gerbeaud -Langage des fleurs toutes les symboliques
Langage emblématique des fleurs- Dictionnaire Larousse
interfolia france- Langage des fleurs