文化の違いって面白い!フランス人のちょっとビックリな習性と体質。

もう何回も遭遇してるのに、やっぱり独特だよな、といつも思ってしまう彼らフランス人の習性。

特徴的だと感じる項目をあげてみました。もちろん全員が該当するとは言えません。

文化が違えば習慣が違ってくるのも当たり前です。でもそういう違いを感じるちょっとした「発見」は新鮮でおもしろいものです。

ではでは、さっそく見てみましょう。

スポンサーリンク

「手はキレイだからね」と言う。

 

彼らが人前で料理をするとき。食材を切るのに直に手でさわる場合、いちいち「手はキレイだからね」と言ってから食材にさわります。

キレイな手で料理するのは当たり前で、普段料理する時は手を洗わないのか?と思ってしまいます。彼らも家では気軽に手で食材に触って調理しているけど、人前だから気にして言っているのでしょうか…。

今まで来客時に料理をする時、この点は特別意識してなかったのでビックリでした。日本は、おにぎりやダンゴ文化に始まり、ひき肉を手でこねたりと手で調理することが多いです。和え物も時には手であえたりします。

彼らにとっては汚い行為なのかと思って、今では客前ではガッツリ手で触らないように気をつけています。限界はあるんですけどね。手で押さえて切ったり混ぜたりする方が断然はやいし、和え物は手の方がよく味がしむ。

手料理をふるまってくれた友人が調理中、ソーセージをまな板の上でホークと包丁を使って切り始めたのを見たときには、「この人には絶対おにぎりは振るまえない」と確信したもんです。

 

【パスタとパン】を一緒に食べる。

 

うどんと丼など、炭水化物の重複メニューは日本でもみかけます。世界共通なのでしょう。でもこれ、食事として栄養が偏っているだけでなく、メニューとしてやっぱり変です。

ここフランスでは、パスタやお米料理を食べるのにパンを一緒に食べる人がいます。

パンが彼らの主食なのでそうなってしまうんだろうけど、見てて実に奇妙です。”パンとご飯” だと特に。私にとっちゃ ”牛乳とゴハン”の組み合わせの奇妙な感覚といい勝負です。

 

お皿の上で【全体をよく混ぜて】から食べる。

 

たとえば、カレーライスとかパスタのようなワンプレートもの。

彼らはよく全体を混ぜ合わしてから食べ始めます。それも、かなりしっかり混ぜる。均一に馴染むまで混ぜる。

日本では気にしたことなかったけど、カレーや親子丼の全体を、しっかり混ぜ混ぜしてから食べ始める人もいるんでしょうか。

日本は白ご飯の茶碗が別にあって、おかずとご飯は口の中で混ざるのが基本パターン。そのためか、私はほとんど混ぜない、もしくは口に入れる分だけ混ぜて食べる派。お皿の上でせっせとコネてるのを見ると、なんだか食欲が減退…

一番難儀なのは、全体を混ぜてから食べ始めるタイプの仏人が、他人に料理をサーブするとき。あらかじめ混ぜれるものは混ぜてからサーブすることがあります。たとえばスパゲッティーなどは、鍋の中でソースとパスタをよく混ぜあわせてからお皿にとりわけます。「私は食べる時に自分で混ぜたいの!ソースは上にのせて!」と思い、これは地味にツライです。

 

電車で【進行方向むきの席】に座りたがる。

 

 

電車や地下鉄の座席は、2、3席同士が向かい合わせになったボックス型シートが主流。進行方向むきの座席に強くこだわる人が一定数います。

他に席がいっぱい空いていようが、どんなに大荷物を持っていようが、進行方向の席に座るためムギュムギュと隣に座ってくる。電車酔いに関係してるんでしょうか。

空いている時はとくに、お互いがユトリを維持できるよう対角に座る人たちもいるので、余計に進行方向に固執派の行動が変に気になってしまいます。

あまりに窮屈で我慢ならない時は向かい側の席に移動するけど、それも感じ悪いので、最近は最初から逆方向席に座ることが多くなりました。

 

夜シャワーをあびない。

 

これは有名ですね。彼らは外出する直前に浴びます。つまりシャワーは身支度の一貫なのです。

朝から仕事の時は朝に、昼から活動の時は昼に。さっぱり気持ちよく、その日の予定をこなすために、出かける前に浴びるようです。

そのまま1日を過ごし、夜ベッドに入る時はその日のホコリをまとったまま就寝。布団に入る時はスッキリした状態で眠りにつきたい派の人には、耐えられませんね。

彼らは1日オフのときなんか、パジャマのまま朝ごはんをとり、活動開始する直前までそのまま。やっと動く気になったら、やおらシャワーを浴びて服を着替え始めます。

私も朝シャワーを浴びますが、やっぱり寝る前にも軽く浴びてしまいます。1日1回にしろと言われたら、迷わず夜シャワーを選びます。

 

平熱が高い。

 

彼らはどうも平熱が37度らしいです。私は36度ちょいが平熱なので、37度超えになるときは病気。しんどくて医者に行くと「熱はないですね」とか言われます。いや、私にしたら熱出てるんです…と言っても、しんどくないでしょみたいな感じ。

体温の高い彼らは冬でもけっこうな薄着。寒くて厚手のセーター着てダンゴムシになってる私の隣で、薄手のセーターをサラっと着こなしてスマしてる彼ら。中にはコートの下は半袖の人も。

夏場、日本ほど気温が上がらないパリは、油断すると足元が冷えたりします。冷え性の私は夏にサンダルを履くことがグンと減りました。でも彼女たちは、気温のまだ低い夏前から足元はサンダル姿に。パリっ子たちはどうも「冷え」を知らないようです。

 

おわりに

今まで幾度となく出会ってきて、「変わってる」「特徴的だ」と感じるフランス人の習性をあげてみました。旅行に来たときは、じっくりフランス人を観察してみてください。文化の違いが見えるのは本当に面白いです。今回は彼らの習性6点あげましたが、まだまだあるので続きはまた次回。