フランス製カトラリー・個性派デザインのナイフとフォーク

お箸の文化で育っているため、ナイフとフォークは家ではあまり使わない。けど外では、イタリア料理はもちろん、カフェ風レストランでもナイフとフォークが気軽に出てくる。

それにナイフとフォーク食の便利なところは、洋風ワンプレート食のスタイルを実現しやすいこと。つまり洗い物がラク。家の食卓にこのスタイルを持ち込まない手はない!ということもあって、ちょっと気の利いたカトラリーが欲しいと、ずっと思っていました。

シルバーのカトラリーは使い込むと鈍い輝きが出てきて、やっぱりキレイよなあ … と思っていた矢先。偶然出会ったのが、フランスはペリゴールにある町『ノントロン』のもの。どこが気に入ったって、この木製の持ち手。気取っていない、田舎っぽい素朴な風合いに一目惚れ。

スポンサーリンク

ブランド『ノントロン』のカトラリーについて

ノントロン『Nontron』は町の名前で、ブランド名にもなっています。フランスで最古のナイフブランドといわれ、13世紀初頭と考えられています。ナイフで有名ですが、今ではカトラリー全般も作っていて、すべて職人さんが一つ一つ丁寧に作り上げています。

ここの刃は、同じくナイフで有名な『ラギヨール』の鍛治工場でつくられます。食事用のナイフでさえ、けっこうな切れ味。ナイフとフォークの扱いに慣れていない子供にはあぶなさそう。全体に適度な重量感があるので、手の中でしっかり安定します。木の感触もあたたかいです。

この写真↑持ち手の部分の木材はツゲです。焼き彫り込まれている、この「Vの字を逆にしたものに3つの点々」がブランドのマーク。長い歴史を持っているブランドですが、意味は不明。なにか宗教的な意味があるのかもと言われています。

 

 さいごに

ノントロンのカトラリーに出会ったのは、あるお宅におじゃましたとき。無造作に台所の洗いカゴに置かれていたカトラリーたちは、よく使い込まれていて、木製の持ち手の部分はもう栗色になっていました。その風合いの素敵だったこと。

当時オシャレなカトラリーを探していたのですが、このカトラリーはどちらかというと、ぶこつで田舎風。探していたような洗練された都会的デザインなんかではありません。

モノとの出会いも、人との出会いと一緒。自分の趣味じゃないと思っていたタイプに心動かされることがあるんです。そうして出会ったモノは、いい思い出になる宝物です。