「ぼーっとしてる」être à l’ouest

ちょっとフラ語で【ぼーっとしてる】

みなさん、こんにちは。

今日はちょっとフランス語表現【ぼーっとしてる】です。

人の話にも集中して聞いてる気配がなく、なんか心ここに在らずで上の空な状態。

そんな「ボーとしてる」様子をフランス語では何と表現するのでしょうか…

スポンサーリンク

être à louest

 「ぼーっとしてる」être à l’ouest

「ぼーとしてる」は、

 être à louest 

です。

 

直訳は「西にいる」

なんでこれが「ボーッとしてる」になったかは、いくつか説があるようです。

 

第1次大戦ころの英語に to go west で「死に行く」という意味の表現があり、これが意味を変化させつつフランスに渡ってきたという説。

もうひとつは、20世紀初頭のフランスの演劇界から。

当時パリの劇場は東側に、役者たちの家は西側に集まっており、夜のスペクタクルを終えた役者たちは、疲れて頭がボーとした状態でパリ西側の自宅に帰って行ったことから、この表現ができたと言う説です。

なんだか風情があっていい感じですね。

 

この être à louest は、日本語で「ボッとしてるよな」と言うような場面で、同じ様に使えます。

 

Tu mécoutes ?
– Pardon…
– Réveille-toi un peu. Tes vraiment à louest aujourdhui.

– 僕の話、聞いてる?
– あ、ごめん。
– ちょっと目さましなよ。ほんと今日はボッとしてるなあ。

 

Tas vu Pierre ? Il est complètement à louest ce matin. Il porte une chaussure différente à chaque pied.

ピエール見た?彼、今朝は完全にボーとしてるよ。右と左で違う靴はいてるし。

 

同じ意味の表現に

« Avoir la tête ailleurs »

という言い方もあります。

Il a la tête ailleurs.

Il est complètement à louest.

彼、ウワの空だね…

 

ぜひ « être à louest » を使って、会話や作文してみてくださいね!

表現の由来の参考参照 : Etre à l’ouest – Le Parisien
 「ぼーっとしてる」être à l’ouest
最新情報をチェック