フランス語で表現「丁度いい時に/タイミング悪い時に」

ちょっとフラ語表現【丁度よかった!/タイミング悪いな…】てどう言う?

みなさん、こんにちは。今日のフランス語の表現は【ちょうど良かった!/タイミング悪いな…】です。

誰かが突然ヒョッコリやってきた時など、「やあ〇〇くん、ちょうどいい時に!」「〇〇くん、またタイミングの悪い時に…」というような場面で使う、あの表現です。

それではフランス語でなんと言うのか、さっそくみてみましょう。

スポンサーリンク

フランス語で言う【ちょうど良かった/タイミング悪いな】

 

「ちょうど良かった!」は

« Ça tombe bien. »

 

「タイミング悪いな」は

« Ça tombe mal. »

 

 

動詞 « tomber» の意味は「落ちる」です。

直訳は、上手に bien / 下手に mal に落ちる。

これで「とある事が、ちょうど良い時に起きる/タイミングの悪い時に起きる」を表現できます。

 

 

– Jai besoin de te parler.

– Ah, ça tombe bien, moi aussi.

ちょっと君に言わなきゃならない事が
ああ、ちょうどよかった、ぼくもなんだ。

 

 

– Est-ce que tu connais un bon vétérinaire ?

Ça tombe bien, mon frère est vétérinaire.

良い獣医さん知ってる?
ちょうど、僕の兄が獣医だよ。

 

 

– Tu pourrais me prêter de largent ? Je dois changer ma chaudière.

– Ah ça tombe mal, je viens de payer mes impôts.

お金かしてくれる?給湯器を交換しなきゃだめなんだ。
タイミング悪いよ、ぼく税金払ったところなんだ。

 

 

上の例文は「そのとある状況 (前文)」を指すため « Ça » を主語にしてますが、主語を特定することももちろん可能です。

 

– Bonjour, comment ça va?

– Ah, tu tombes bien, est-ce que tu peux maider à porter les sacs?

ハロー、調子はどうだい?
ああ君、いいとこに来たね!この荷物運ぶの手伝ってくれる?

 

おしまい

« Ça tombe bien ! » « Ça tombe mal.»

「こりゃ丁度いい時に!」「これまたタイミング悪い時に」の意を表現したい時に、ぜひこの表現を使ってみてくださいね。