フランス語の表現「その実力がある/ない」

ちょっとフラ語表現【〜する実力がある/ない】てどう言う?

みなさん、こんにちは。今日はフランス語【~する実力がある/ない】の表現についてです。

「~する能力がある、~できるレベルだ」「~する実力はない、匹敵しない」など、この手の意味の表現方法は、日本語でも多数あるように、フランス語でも色んな言い方が考えられます。

今日はその中でも、知っていると便利な言い回しを1つ紹介します。

 

スポンサーリンク

【~する実力がある/ない】はどう言う?

 

「~する力がある」という意味を表現したい時、

« être à la hauteur »

がつかえます。

 

特に「否定形」の

« Ne pas être à la hauteur »

はよく使います。

 

 

ちょっと例をみてみましょ。たとえば、

 

大会に出場する決心がつかずモジモジしてる人に、

Fais-toi confiance. Tu es largement à la hauteur.

自分を信じろよ、十分そのレベルの実力があるんだから。 

 

 

上司に重要な仕事をまかされそうになって、

Je ne suis pas à la hauteur de vos attentes.

私にはあなたの期待にそえるような実力はありません。

 

 

女子の会話で、

– Comment ça va avec ton nouveau copain ?

– Ça va, on s’aime, mais je le trouve trop beau pour moi, et ne me sens pas à la hauteur

-新しい彼氏とどお?
-上手くいってるよ、お互い好きだし。でもね彼、私にはかっこ良すぎて、自分は彼にそぐわないんじゃないかと感じるの…

 

 

« être à la hauteur » は直訳すると「その高さにいる」ということ。

つまり「それに必要なレベルにいる/いない」というニュアンスで、『その実力があるのか、それに堪えうるのか、それに対応できるのか、それに匹敵するのか』ということを表現できます。

 

 

ちなみに同じような意味に、

« être capable de… »

という表現もあります。

 

これは「可能性」を基盤にした表現です。

よって「~する能力がある」という基本的な意味のほかに、「~しうる、しかねない」といったニュアンスを含むことのできる表現です。

 

 

わたしには無理だわJe suis pas à la hauteur…

ぜひ « être à la hauteur » をつかって、会話や作文をしてみてくださいね!