フラ語表現「何でもないかのように」 comme si de rien n'etait

ちょっとフラ語で【何もなかったかのように】

みなさん、こんにちは。

今日のフラ語で表現は「何もなかったかのように」です。

 

明らかに何か問題あるのに、まるで何にも変わったことはないかの様に…

優先的に覚えなければならない必須表現ではないけど、使えると断然会話が楽しくなる便利表現です。

さてさてどのように言うのでしょうか。

それではどうぞ、ごらんください♪

スポンサーリンク

comme si de rien n’était

フラ語表現「何でもないかのように」 comme si de rien n'etait

「何もなかったかのように」

comme si de rien n’était

 

comme si + 半過去文「まるで〜のように」が基本になった、何かあるのにまるで何も起きてないかのように…という仮定表現です。

どんな感じで使えるのか、少し例をどうぞ。

 

いつもチョッカイ出してくる男子がいて、

– Il va certainement encore nous embêter. Faisons comme si de rien n’était.

彼、絶対またウチらに引っかかってくるで。何でもないフリしとこう。

certainement「確実に」
embêter「困らせる」

 

同僚と喧嘩した翌日、心配した友達が…

– Ça va entre vous malgré ce qui s’est passé hier ?

– Ecoute ça va. On s’est dit bonjour ce matin comme si de rien n’était.

昨日の事があるけど、あなたたち大丈夫そう?
大丈夫よ。今朝も何もなかったかのようにお互い挨拶したし。

malgré「にもかかわらず」
se passer「起こる」

 

文にくっつけるだけで使える、便利で痒いところに手が届くような表現なので、ぜひ覚えて使ってみてくださいね。

それではまた次回♪

フラ語表現「何でもないかのように」 comme si de rien n'etait
最新情報をチェック