フランスで犬の再教育

「犬のしつけ」のやり直し。#2【入学編】

以前、うちのスイスシェパードがハラスメント犬なので、矯正のためにトレーニング教室に通うことになった話をしました。

今回はその続きです。

前回の話はコチラ。↓

関連記事

今日は「ワンコのしつけ」で失敗をした話です。 うちでホワイトシェパードを1頭飼っています。物覚えが非常に良く、人好きで飼いやすい犬です。 ですが、リード無しで森を散歩することの多いフランスで、絶対に欠かせない「しつけ」でミスをしてしまい[…]

フランスでの犬のしつけ。

訓練は飼い主のやる気と根性。

リードなしで森散歩

うちのワンコはハラスメント犬です。遊び好きで、相手の犬が「イヤだ」と言っても追いかけ回し、興奮して主人の命令も聞きません。そのハラスメントの質が悪化してきたので、掛かり付けの獣医に学校を紹介してもらい、トレーニングに通うことに決めたのが、ワンコ3歳のとき。しかし、通い始めてすぐコロナ渦期に突入。1年以上のブランクあっての再出発となり、ワンコももうすぐ5歳です。

こんな歳から矯正できるのか気になりますが、愛犬との生活をストレスなく大満喫したいので、とにかくやってみることを決意。実際にクラスには9歳犬もいて、飼い主と一緒に頑張っています。大切なのは犬の年齢よりも、飼い主のモチベーションです。

教室に通うだけではダメで、教わったことは家で復習しないといけません。犬は長時間の集中はできないので、1回3分程度のトレーニングを何度もくり返します。クッキーとクリッカーであれよと覚えてしまう芸の習得とは違い、メンタルコントロールの訓練はとても時間がかかります。それを日々の生活の中でコツコツと続けていくのですから、ちょっとした根気仕事です。

ぐうたらな私に毎日のトレーニングは、けっこう大変。挫けそうになったら、トレーナーの「主人がやる気なら、ワンコはいつだってやる気」という言葉を思い出して頑張ります。

 

再教育されるのは飼い主。

この学校は基本的に、犬の訓練には飼い主が一緒に参加します。トレーナーが犬を数日間預かって訓練することもありますが、特殊ケースなようです。

入学登録に行くとまず、トレーナーと飼い主と犬の3者面談がありました。ワンコの生活や行動スタイルに関する問診票を記入し、問題は何かといった話をします。その30分ほどの会話でトレーナーは「飼い主が学ぶことで、犬が学ぶ」というトレーニングの趣旨を私たちに理解させます。

この教室には、仔犬の早期しつけ目的で来る人もいますが、「成犬になって問題が出てきて、矯正したいけどどうしたら良いか分からない」というSOSが大半です。そんな路頭に迷う飼い主にトレーナーが、主人と愛犬の理想的な関係を再構築してゆくテクニックを教えてくれます。

当然、犬との接し方を変える必要もでてきます。うちのワンコをなんとかして〜ではクラスに付いていけません。愛犬に変わって欲しければ、まずは主人が変わること。これを、失礼のないよう飼い主に理解させるトレーナーの姿勢に、私は質の良いプロ意識を感じました。

授業は、5回の個別レッスンと、週3回の自由参加型の集団レッスンが10ヶ月(!)続きます。

 

肝に銘じておくこと。

面談の最後にトレーナーから、これから犬と訓練するにあたり、肝に銘じておくことを教わります。

 

①命令は一発で聞かせる。

②声色は「命令/叱る/褒める」の3つを使い分ける。

③タダでご褒美 (撫でる・お菓子・オモチャ) はあげない。

④散歩時のリードは常に弛んだ状態を保つ。

⑤犬の反応を予測して備える。

 

詳しくはレッスンの進行ともに、紹介していこうと思います。

 

このトレーナーさん、強者です。3者面談で会話してる間に、ワンコの性質や問題点をサクサク見極めてしまいました。さすがはプロ。と同時に、飼い主の性質もちゃんと見極めてます。うちの旦那は犬好きのプライドがあってか、当初は「問題犬になったのは、しつけ方に不備があったんじゃない」的な消極オーラを出していました。それが面談が終わる頃には、「トレーニング頑張るぜ!」の超ポジティブに変身してたのには、さすがの私もビックリ。ほんとトレーナーさんの技量に脱帽しました。犬を矯正スクールに通わせる必要があることを彼に理解させるのに、私は1年近くかかったんですけどね… (笑)

フランスで犬の再教育
最新情報をチェック