フランスで犬の再教育トレーニング

「犬のしつけ」のやり直し。#3【肝に銘じる5ヵ条】

うちのワンコ、スイスシェパード5歳は、ハラスメント気質を矯正するため、フランスのとある田舎のトレーニング学校に通い始めました。

今までに3時間の個別レッスンを受けました。たったの3時間ですが、トレーナーが飼い主に教える情報量は膨大です。それを噛み砕き理解して、家でも毎日トレーニングして、、、大変ですが、ワンコの変化も少しづつ感じられ、やりがいあります。

今日は、最初の3者面談でトレーナーから教わった「肝に銘じる5ヵ条」についてです。

フランスのワンコ再教育トレーニングの話、興味ある方はどうぞごらんください♪

 

前回の話はコチラ↓

関連記事

以前、うちのスイスシェパードがハラスメント犬なので、矯正のためにトレーニング教室に通うことになった話をしました。 今回はその続きです。 前回の話はコチラ。↓ [sitecard subtitle=関連記事 url= https:/[…]

フランスで犬の再教育

ワンコと生活、肝に銘じる5ヵ条。

フランスで犬の再教育トレーニング

個別レッスンでは、愛犬と暮らす上での基本を徹底的に学びます。集団レッスンに入る準備段階でもあります。

最初の3者面談でトレーナーから肝に銘じるよう言われた以下の5点、まずはこれらを習慣化するよう心がけます。

 

①命令は一発で聞かせる。

②3つの声色「命令/叱る/褒める」を使い分ける。

③タダでご褒美(撫でる・お菓子・オモチャ)をあげない。

④散歩時のリードは常に弛んだ状態であること。

⑤犬の反応を予測して備える。

 

私はどれひとつとして、やっていませんでした。。。

トレーニングに用意する物は、首輪と1.5m ほどのクラシックなリードだけです。ハーネスや短いリード、巻き取り式のリードは使いません。

ご褒美は「ナデナデ」のみです。

命令は一発で聞かせる。

コマンドは何回も連発せず、1回で聞かせるようにします。多めに見ても3回まで。姿勢を正して腹から声を出し、ハッキリと発音するように。コマンドにジェスチャーも加えると犬の反応が良くなります。

うちのワンコはすぐ聞こえないフリをするので、命令の連呼は常でした。そのため私はイラついた声でコマンドを復唱する癖がついており、意味もなく犬を不安にさせていたようです。1発で犬がハッ!となるようなキレのある声を出すように。

それと意外と大切なのが主人のオーラで、犬が自分を見ていなくても、胸を張って堂々とした姿勢で命令を出すようアドバイスされました。旦那はいとも簡単に習得したので、私も男性的な空気を意識するようにしています。

余談ですが、私のフラ語の発音が悪いから命令を聞かないのか?と思うときもあるので、コマンドには必ずジェスチャーを付けています。

3つの声を使い分ける。

「命令、叱る、褒める」の3種の声色です。

先にも述べたように私の場合、命令の声がすでに怒っており、叱責とあまり差がなかったため、命令用の声を徹底的に修正しました。しょっ中イライラした声で命令されてたら、そりゃ言うことも聞きたくなくなりますね、今思えば当然です。。。

タダでご褒美はあげない。

「お座り」でも何でもよいので、撫でたりお菓子をやる前に、必ずコマンドを出すようにします。遊んでやる時も同じです。

私は無料で、当たり前のようにナデまくり、お留守番にはオモチャやガムを与えてました。

散歩時のリードは常に弛んだ状態。

散歩の時、リードが張った状態で歩かないこと。リードは必ずU字を保つようにします。

とは言え、犬は前を歩いて引っ張るもんです。これを改善する技として、まずは主人の横に「つけ」を徹底して覚えさせます。そこから歩き始めて、犬が主人を無視して先行しだしたら、リードが張り切る直前に「カンッ」とリードを瞬間引いてショックを与えます。ショックを与える瞬間が正しいと、犬自身の前進する力が上手く加わり、軽く引くだけで十分な効果が得られます。このショックは、犬にとって「主人からの罰」になってはダメで、「何か天から降ってきた」的に作用しなければなりません。個人的にはけっこう難しいと感じる技なので、私は次に紹介するトレーニングを愛用しています。

「犬が主人の横を追い抜いて行ったら、方向転換するを繰り返す」というエクササイズです。行ったり来たりするので目が回りますが、うちのワンコには案外と効果がありました。最初のうちは方向転換する度にリードが背後でバンッと突っ張る瞬間があり、犬が主人を完全に無視して前進しているのが分かります。しかし何度か繰り返していると、そのうち犬は主人の動きに注意を払いだして、むやみにリードを引っ張らずスムーズに方向転換したり停止したりするようになります。うちのワンコは興奮すると主人に注意を払うのをすぐ忘れるので、散歩前に家でこのトレーニングをしてから路上に出ます。散歩中もこまめに方向転換するようにします。もちろんリードはU字を保てるように長めに確保です。

犬の動きを予測して備える。

私たちのトレーナーがとても重要視している項目です。犬がやるだろう動きを予測して、先手を打ちます。たとえば「待て」をしている最中の犬が、目前の玩具に惹かれて飛び付こうとする時、動き出してから「NO」を出すのでなく、もうすぐ動くぞ… という気配の先読みで出します。クリッカーでのしつけ経験がある方は分かると思いますが、犬はその動作の瞬間でないと、主人のYES / NOがどの行動のことを指してるのかを理解しません。ですが悪い行動を回避したい時は、犬が始動してからでは結果的にも遅すぎます。犬の反応を先読みして命令を入れて、その悪行に出ないよう先手を打ちます。もし悪行に出たら、その瞬間に間髪入れずドカンッと叱ります。

 

—   —

私とワンコの通っている学校は、手をあげたりの体罰はもちろんありませんが、今流行りのNOを多用せずにYES多用で教育してゆくポジティブ系でもありません。主人の命令は最優先である事をしっかり厳格に教える系で、主人自身がまあいっか〜的に適当なところで目をつぶることは決して良しとされません。主人と歩く時は犬は必ずツケの位置、主人が立ち止まれば犬も止まる、のが「当たり前」。主人から注意が外れているときは命令し、命令に反すればガツンと叱る。やってはいけない事をする犬に対しても、その行動に出た瞬間に叱ります。褒めるときの声とナデナデも「良くやった!」程度にサクッと済まし、盛大なナデナデは10回に1度くらいです。

うちのワンコは興奮要素を目前にしたらひとり暴走するので、只今、興奮要素を前にしても主人に注意を保てるように徹底的にトレーニングをしているところです。習ったエクササイズも色々あるので、徐々に紹介していこうと思います。

それではまた♪

フランスで犬の再教育トレーニング
最新情報をチェック