フラ語の名言・名フレーズ【健康】編

名言・名フレーズで学ぶフランス語【健康】編

本日のフランス語のお勉強は、名言・名フレーズ【健康】編です。

 

みなさん、こんにちは。今日もページを覗きに来てくださってありがとうございます。

今回の名言テーマは【健康】。

ピックアップ数は少ないですが、いくつか面白い文があるので紹介します。

興味のある方は、どうぞご覧ください!

 

スポンサーリンク

フラ語の名言【健康】編

« Odeur (des pieds) : signe de santé. »  Gustave Flaubert

 

『足の臭いは健康のサイン』

『ボヴァリー夫人』で有名な19世紀の小説家フロベール。

面白い文ですね。確かに足の臭いに限らず、体臭は健康のバロメータと聞きます。

odeur    ♂におい
pied   ♂足
signe    ♂サイン
santé    ♀健康

 

« Qu’est-ce que la santé ? C’est du chocolat !  »  Anthelme Brillat-Savarin

 

『健康は何かって?チョコレートだよ!』

いやあ、チョコの国らしい一文です。

ブリヤサヴァランは18世紀の美食家・法律家。

彼の名前をとった「ブリヤサヴァラン」という、非常にクリーミーで食べやすいチーズもあります。口当たりもカロリー的にも超リッチな味。出会ったら食べてみてね。

chocolat  ♂チョコレート

 

« La bonne santé n’est que la plus lente des façons de mourir. »  Coluche

 

『健康なのは、一番ゆっくり死んでゆく方法でしかないね。』

これまでに何度か紹介しているフランスの有名ユモリスト、コリューシュ。この文も彼らしい、ヒネくれた表現です。

直訳は「健康は、死ぬ方法の中で一番ゆっくり(な方法)でしかない。」

ne…que…    〜しかない
lent(e)     ユックリした
façon de +inf.    〜する方法     

 

« On a beau avoir une santé de fer, on finit toujours par rouiller. » Jacques Prévert

 

『頑健な身体なんて無駄だよ、どうせ錆びて終わりさ。』

大衆詩人だったプレヴェール。言ってる事が全くのハズレでもないので、何とも言えない寂しさが漂う文。

 

avoir beau + inf.  〜しても無駄。
例) Tu as beau me dire.  僕に言っても無駄だよ…

de fer    鉄♂のように頑丈な
finir par + inf.   〜して終わる。
rouiller  錆びる

 

« Etre naïf c’est je crois, la meilleure façon de garder une santé mentale. » Jacques Brel

 

『純粋でいることは、心の健康を保つ最良の方法だと思うよ。』

作詞作曲・歌手・俳優と、幅広く活躍したジャック・ブレル。素敵な一文です。

” naïf “ という形容詞について。日本語ナイーブは「心の繊細な人」の意味で使いますが、仏語では「おめでたくもピュアで鈍感なヤツ」のくすぐった意味で使い、日本語版とは意味もニュアンスも違います。

 

naïf (ïve)   純真な・無邪気な・鈍感な
meilleur(e)      bien の比較級
façon de+inf.  ♀〜する方法
mental(e)    精神の・心の中でする(例 calcul mental 暗算)

 

« Sans la santé, pas de clairvoyance morale. » George Sand

 

『健康なくして、心の明晰さはない。』

19世紀の女性作家ジョルジュ・サンド。音楽家ショパンとの同棲や、ズボンを履き男装したフェミニストのはしりとしても有名でした。

sans   〜なしに
clairvoyance  ♀洞察力・先見の明
moral(e)   心的な・道徳的な

 

« Et je me suis mis à être un peu gai, parce qu’on m’a dit que cela est bon pour la santé. »  Voltaire

 

『ちょっとご機嫌でいるようにしてるんだ。その方が健康に良いと言われたからね。』

作家哲学者ヴォルテールの名言です。病は気からと言うし、いつも陽気でありたいものです。

On m’a dit que…  直訳は「人は私に〜と言った」ですが、日本語でいう「(人に)〜と言われた」の受け身の色を出せる表現です。

 

se mettre à +inf.   〜しはじめる。
例) Elle s’est mise à pleurer.  彼女は泣き始めた😭

gai (e)   陽気な

  

おわりに

今回のテーマは『健康』でした。ピックアップ数が思いのほか少なくなってしまいましたが、面白い素敵な文に出会えれば追加していきます。