フランス語・原因理由の接続詞【Parce que /Puisque /Car】違いと使い方

 

みなさん、こんにちは。今日は原因理由を表現する【Parce que/Puisque/Car】についてです。

いずれも日本語では「~なので・だから」と訳せてしまうのですが、フランス語では微妙にニュアンスが違ってきます。

今回はこの使い方について少し見てみたいと思います。

 

スポンサーリンク

Parce que の使い方

基本のルールです。

・ « parce que »は、聞き手が知らない新しい情報である「原因や理由」を展開する場合につかいます。

・ parce que
節は、主節のあとに続くことが多いです。文頭にはあまり置きませんが、« Pourquoi» の質問には « Parce que » で答えます。

« parce que » のあとには直接法・条件法がきます。接続法はきません。(Puisque/Carも同じ)

 

Pourquoi est-ce que tu es en retard ?
-(Je suis en retard ) Parce que je me suis rendormi(e) après la sonnerie de mon réveil.

-なんで遅れたの?
-目覚まし鳴った後、二度寝しちゃったんだ。

 

Il nest pas resté longtemps parce quil était pressé.

彼、急いでたから、長くは居なかったよ。

Je vais me coucher parce que je travaille tôt demain.

明日の仕事が早いから、もう寝るよ。

 

原因の表現を強調したい場合には « Cest parce que/ Cest que » を使うこともできます。

Cest parce quil a trop mangé quil est malade.

食べ過ぎたせいで、彼は病気なんだよ。

 

Puisque】の使い方

聞き手がすでに分かっている事実を原因・理由として提示し、主節の内容を展開する場合につかいます。
文頭に置かれます。

 

Puisque tu ne veux pas la voir, on y va sans toi.

君は彼女に会いたくないってんだから、僕たちは君なしで行くよ。

Puisque tu las dit, tu dois le faire.

きみがそう言ったんだから、やらなきゃだめだね。

Puisque tu es fatigué(e), on va rester à la maison ce soir.

疲れてるんだから、今夜は家にいよう。

 

car】の使い方

・基本、« car »  « parce que » と同じ場面で使えます。
・等位接続詞 car は文頭には来ません。
・会話ではあまり使われず、書き言葉でよく使われます。

 

Je nai pas pu te joindre, car la ligne était occupée.

君に連絡とれなかった、電話が話し中だったから。

Il est malade, car il a trop mangé hier soir.

彼は病気だ、昨日の晩たべ過ぎたからだ。

 

 car parce que では代用できないケースもあります。前文の主張を証明する形で使用されている場合です。

Il est malade, car il nest pas venu à lécole aujourdhui.

彼は病気だ、今日は学校に来なかったから。 

(ここは parce que では代用できません。「学校に来なかったのが理由で病気だ」となって変です。会話では Vu que で代用できます。)

 

まとめ

いずれも「~なので」と訳すことが多いですが、これだと緻密なニュアンスがわかりにくいのが難点です。以下、使い分けの指標を参考にしてみてください。

 

parce que / puisque】については、

A parce que B.】は「Aであるのは、B だからだよ。」と原因理由Bを提示する場合に、

Puisque B, A.は明らかな事実Bを使って「Bなんだから、Aだよ。」と主節Aの内容を展開するためにつかいます。

parce que /car】については、

「~なので」と言いたいときに会話では、「~のせいで(おかげで)」と考えて意味が通じる場合には Parce que、通じない場合には vu que が使えます。書き言葉では両方のケースで car が使用可です。