フランス語熟語・一目惚れ

フランス語【un coup de…】一発の… をつかった熟語表現。

 

みなさん、こんにちは。

今日はフランス語の【un coup de】をつかった表現集です。

 

un coup は「一撃」という意味があり、熟語表現は「ガツンと一発 」のニュアンスがいつも背景にあります。

それではどんな表現があるのか、ちょっと見てみましょ♪

 

スポンサーリンク

フラ語【un coup de…】の熟語表現

*アルファベット順に並べています。

* (カッコ) 内の動詞や前置詞は、その表現とともによく使われる例です。

 

un coup darrêt
(mettre, donner) 
対抗措置・歯止め
arrêt♂停止

 

un coup de balai
(donner)
一掃除/バサっと人員解雇
balai♂ホウキ

 

un coup de blues/ cafard
(avoir)
ドンッと気分的な落ち込み

blues[bluz]cafard♂ゴキブリ

 

un coup de chaleur  
(avoir, prendre)
暑さによる一撃・熱中症
chaleur♀暑さ

 

un coup de chance 
まぐれ当たり・ラッキー 
chance♀運

 

un coup de cœur
(avoir)
ガツンと感動の一撃
cœur♂心

 

un coup de collier
(donner, mettre)
もうひと踏んばりの努力
collier♂首輪

 

un coup de dés 
(sur+) 一か八かで
♂さいころ

 

un coup déclat 
人目を引く行為 
éclat♂輝き

 

un coup denvoi
(donner)
開幕を告げる行為/ キックオフ

 

un coup dessai
(faire)
小手調べ/本番前に一回軽く試す事
essai♂試し

 

un coup dEtat
クーデター

 

un coup de fatigue/barre
(avoir)
いきなりの疲労感
barre♀棒

 

un coup de feu  
一発の銃声/発砲

 

un coup de fil
(passer, donner/recevoir)
電話を入れる/受ける
 
fil♂糸

 

un coup de foudre
(avoir)
人や物に対する ” 一目惚れ “ 
foudre♀雷

 

un coup de frein
(mettre, donner)
一発抑制をかける
frein♂ブレーキ

 

un coup de grâce
(donner, porter)
とどめを刺す
grâce♀恩恵

 

un coup de main
(donner)
手助け・手伝い

 

un coup de maître
初回で大成功すること
maître(esse) 師匠

 

un coup dœil  
(jeter)
チラッと見る・ざっと目を通す

 

un coup de pied
(donner/recevoir)
足蹴り

 

un coup de poing   
(donner/prendre)
ゲンコツ・パンチ
poing♂拳

 

un coup de poker
(tenter)
思い切って駆けに出る 
poker♂ポーカーゲーム 

 

un coup de pouce
(donner)
後押し
pouce♂親指

 

un coup de sang
(prendre, avoir)
癇癪・頭に血がのぼって怒る/ 卒中 
sang♂血

 

un coup de soleil
(avoir, prendre)
日焼け/日射病 
soleil♂太陽

 

un coup du sort
運命のいたずら
sort♂運・成り行き

 

un coup de tête
(sur+) 軽率な思いつきで
(donner)  頭突く

 

un coup de théâtre
予期せぬ展開・どんでん返し
théâtre♂演劇

 

un coup de tonnerre
晴天の霹靂
tonnerre♂雷鳴

 

un coup de vent
いきなりの風
vent♂風

 

un coup de vieux
(prendre)
いきなり老ける・古くなる

 

おわりに

” jeter un coup dœil “ 「ざっと目を通す」や “donner un coup de main” 「ちょっと手伝う」などは、日常よく使う便利な表現です。

個人的に面白いなあと思う表現は “un coup de grâce” で「止めを刺す」(恩恵の一発)。

ぜひ、少しずつ覚えて使ってみてくださいね。

それではまた次回♪