フラ語表現 péter plus haut que son cul「いばってる」

ちょっとフラ語で【偉そうにする】

今日はフラ語の表現を2つ紹介します。

【偉そうにする】とか【いばって振る舞う】といった、マウント取り気味な人を表すための、かなり砕けた表現です。

それではどうぞ♪

スポンサーリンク

péter plus haut que son cul

フラ語表現 péter plus haut que son cul「いばってる」

「エラそうにする」

péter plus haut que son cul 

(très familier)

péter 「オナラする」
plus haut 「より高くに」
cul [ky]「(俗)お尻」

 

直訳は「お尻よりも高いところでオナラをする。」

誕生は17世紀に遡るという、実はとても古い表現。

 

「カッコつけて実力以上の高望みをする」様子を表します。

決して品の良い言葉ではないですが、耳にするたびに思わず笑ってしまいます。

もちろん褒め言葉ではありません。

 

 Il ne faut pas péter plus haut que son cul. 

えらそうな高望みはしてはいけない。

この諺はあとに、なぜなら天に向かって出したフンは自分の背中に落ちてくるから、という解釈が続きます。汚い話ですが、言いたいことは良く分かりますね。

もうひとつ表現を紹介します。

 

se la péter

「エラそうにする」

se la péter  (argot)

 « la » をくっ付けたまま使う、ちょっと変わった形をした代名動詞。

péterという動詞からも分かるように、品のない表現です。

 

「高圧的でエラそうであったり、「自分の方が上と自惚れる」様子を表します。

もう死語かも知れませんが、数十年前に私が小学生の頃に流行った表現「イキってる」がピッタリだと思います。

 

たとえば、映画に出演が決まった女の子が友達に対して偉そうになり、

Depuis qu’elle a eu un petit rôle dans un film, elle se la pète grave !

彼女、映画の脇役もらってから、えらい高圧的だよね! 

 

美人の彼女を得てから周囲に偉そうに振る舞う弟に兄が、

Ne te la pète pas trop.

あんまりイキんなよ。

 

似た感じの表現に « se la jouer »(familier) があります。「気取る」という感じで、皮肉ったニュアンスが漂います。

それではまた次回♪

 

参考参照 Expressio.fr / Le petit Robert

フラ語表現 péter plus haut que son cul「いばってる」
最新情報をチェック